役者絵

とよはらくにちか さく「だんしちくろべえ いちかわだんじゅうろう」 豊原国周 作「団七九郎兵衛 市川団十郎」

団七九郎兵衛 市川団十郎

本役者浮世絵は、歌舞伎の伝統的演目「夏祭浪花鑑」(なつまつりなにわかがみ)の登場人物「団七九郎兵衛」(だんしちくろべえ)を演じる歌舞伎役者「市川団十郎/團十郎」(いちかわだんじゅうろう)を描いた絵図。

「夏祭浪花鑑」は、全9段から成る人気の大作。大阪では「夏の風物詩」として毎年上演されています。大阪の下町で生きる任侠達の物語であり、現実に起きた複数の出来事をもとにした作品として有名。

本役者浮世絵は、演目の7段目「長町裏」(通称[泥場])で「団七九郎兵衛」が舅の「三河屋義平次」(みかわやぎへいじ:団七九郎兵衛の妻[お梶]の父で浮浪児だった団七九郎兵衛を長年世話した人物)を刀剣で斬り捨てる場面と推測されます。

三河屋義平次は、欲に目がくらむ醜悪な老人で、団七九郎兵衛の恩人である「玉島兵太夫」(たましまひょうだゆう)の息子「玉島磯之丞」(たましまいそのじょう)が愛した遊女「琴浦」(ことうら)をさらった挙句、身売りさせようとしました。団七九郎兵衛は、急ぎ駆け付けて三河屋義平次を説得しようとするものの、揉みあいの末に斬り殺してしまうのです。

本役者浮世絵の作者は、「豊原国周」(とよはらくにちか)。豊原国周は、明治時代を代表する役者絵絵師で「役者絵の国周」や「明治の写楽」とも呼ばれています。長谷川派「豊原周信」(とよはらちかのぶ)と3代目「歌川豊国」に師事し、数多くの役者絵を手掛けました。

団七九郎兵衛 市川団十郎

団七九郎兵衛 市川団十郎の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 豊原国周 浮世絵の題材 市川団十郎
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「団七九郎兵衛 市川団十郎」ページです。
こちらでは、浮世絵師「豊原国周」によって描かれた役者絵「団七九郎兵衛 市川団十郎」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼