役者絵

うたがわとよくに さく「おだのゆきみつぎのたまもの」 歌川豊国(三代) 作「小田雪貢賜」

小田雪貢賜

・槍・薙刀を持った武士たちが入り乱れる本役者浮世絵は、一見「本能寺の変」を描いた合戦浮世絵に見えますが、人物の顔に表された意匠から、「小田雪貢賜」(おだのゆきみつぎのたまもの)と題する歌舞伎の演目であることが分かります。

本役者浮世絵の右手側には、役名「小田春永」(おだはるなが)こと「織田信長」がおり、左手側で床几(しょうぎ:折り畳み式の腰掛)に座っている武将が、役名「武智光秀」(たけちみつひで)こと「明智光秀」です。1850年(嘉永3年)の作品と見られていますが、江戸時代に織田信長を主人公にした演目が行なわれるのは珍しいと言われています。

本役者浮世絵の制作者は、「歌川豊国(三代)」(うたがわとよくに)。江戸時代後期に活躍した浮世絵師で、多作であったことで知られ、とりわけ役者浮世絵や美人画において優れた腕前を発揮し、人気を博しました。

小田雪貢賜の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊国(三代) 浮世絵の題材 小田雪貢賜

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「小田雪貢賜」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川豊国(三代)」によって描かれた役者絵「小田雪貢賜」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼