役者絵

うたがわくにさだ さく「かぶきざ しんきょうげん かとうきよまさ いちかわだんじゅうろう」 歌川国貞(三代) 作「歌舞伎座新狂言 加藤清正 市川團十郎」

歌舞伎座新狂言 加藤清正 市川團十郎

本役者浮世絵は、明治時代に活躍した「9代目・市川團十郎」(成田屋)が、武将「加藤清正」を演じて当たり役と呼ばれた、歌舞伎「増補桃山譚」(ぞうほももやまものがたり)の一場面です。

増補桃山譚は、歌舞伎脚本作者の「河竹黙阿弥」(かわたけもくあみ)が、1869年(明治2年)初演となった「桃山譚」に加筆し、1873年(明治6年)東京村山座で興行された作品。「石田三成」への讒言(ざんげん)で「豊臣秀吉」の怒りを買い謹慎していた加藤清正が、1596年(文禄5年)に起きた「慶長伏見大地震」の際に、豊臣秀吉のいた桃山城(伏見城)に真っ先に駆けつけ、動けずにいた豊臣秀吉をおんぶして脱出させたという迫力ある感動的な物語。通称「地震の加藤」とも呼ばれ、「新歌舞伎十八番」にも選ばれた人気作です。

を手に持って構えた姿は、勇敢さを感じさせます。演じた9代目・市川團十郎は、「5代目・尾上菊五郎」、「初代・市川左團次」と共に、「團菊左」と呼ばれる明治歌舞伎の黄金時代を築いた大人気役者でした。

なお、本浮世絵を描いたのは、「歌川豊斎」(うたがわほうさい)です。歌川豊斎は、「歌川豊国(三代)」に入門し、師匠の死後は「2代目・歌川国貞」に学んで「歌川国貞(三代)」を襲名。「梅堂」(ばいどう)、「香蝶楼」(こちょうろう)とも名乗った実力者です。1891年(明治24年)以降は「豊斎」を号し、役者絵や風俗画を得意として、たいへん活躍しました。

歌舞伎座新狂言 加藤清正
市川團十郎の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国貞(三代) 浮世絵の題材 増補桃山譚
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「歌舞伎座新狂言 加藤清正 市川團十郎」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川国貞(三代)」によって描かれた役者絵「歌舞伎座新狂言 加藤清正 市川團十郎」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼