役者絵

とよはらくにちか さく「しばらく」 豊原国周 作「暫」

暫

本役者浮世絵は、歌舞伎を代表する人気演目のひとつ「」(しばらく)を題材としています。皇位を狙う横暴な「清原武衡」(きよはらのたけひら)が、自分に反対する善良な人々を捕らえて、首を刎ねようとしているまさにそのとき、「暫くー」の掛け声と共に「鎌倉権五郎景政」(かまくらごんごろうかげまさ)が颯爽と現われて、人々を救うという物語です。扇とを手に構える姿は迫力があります。

鎌倉権五郎景政は、悪霊を退ける霊力を備えた少年で、平安時代後期に実在した武将「鎌倉景正」(かまくらかげまさ)から名を借りていますが、もちろん史実に即しているわけではありません。悪役の清原武衡も実在した平安時代の武将から名前を用いています。

制作者の「豊原国周」(とよはらくにちか)は、幕末から明治時代にかけて活躍した浮世絵師です。役者絵や美人画を得意としており、本役者浮世絵では、主人公・鎌倉権五郎景政が見せた「にらみ」を見事に表現。歌舞伎の見どころである、「見得」(みえ)を決める場面の迫力が伝わってきます。本役者浮世絵は大判2枚続。1876年(明治9年)制作。

暫の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 豊原国周 浮世絵の題材

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「暫」ページです。
こちらでは、浮世絵師「豊原国周」によって描かれた役者絵「暫」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼