役者絵

つきおかよしとし さく「かんじんちょう」 月岡芳年 作「勧進帳 明治12年」

勧進帳 明治12年

本役者浮世絵は、歌舞伎十八番のひとつで、「勧進帳」(かんじんちょう)の一場面を描いています。9代目「市川団十郎/團十郎」(いちかわだんじゅうろう)が演じる「武蔵坊弁慶」(むさしぼうべんけい)の迫力ある姿が印象的です。袖から見える刀のも太く豪壮で、武蔵坊弁慶らしさを感じさせます。

兄の「源頼朝」(みなもとのよりとも)に追われることとなった「源義経」(みなもとのよしつね)が京から逃れて東北へ向かう道中のこと。重臣の武蔵坊弁慶が山伏(やまぶし:仏教の修行者)に変装し、源義経はその荷物持ちとして関所を通ろうとしますが、関守の「富樫左衛門」(とがしのさえもん)に身分を疑われてしまいます。そのとき、武蔵坊弁慶の機転で窮地を切り抜けるのが「勧進帳」の見せ場です。

のちに、富樫左衛門が源義経一行の宿を訪れ、疑ったことを詫びて酒を勧めます。この情景を市川団十郎が「関守に 酒ふるまわむ やまさくら」という俳句に詠みました。本役者浮世絵の右上にこの俳句が表され、市川団十郎の俳号である「團洲」(だんしゅう)の署名も見えます。このことから、市川団十郎自ら作者の「月岡芳年」(つきおかよしとし)に制作を依頼した作品ではないかと考えられているのです。

浮世絵師の「月岡芳年」は、幕末から明治時代初期にかけて、大変な人気を博しました。本役者浮世絵は、1879年(明治12年)に「大蘇芳年」(たいそよしとし)の号で発表されています。

勧進帳 明治12年の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 勧進帳

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「勧進帳 明治12年」ページです。
こちらでは、浮世絵師「月岡芳年」によって描かれた役者絵「勧進帳 明治12年」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼