役者絵

うたがわとよくに さく「しらいごんぱち」 歌川豊国(三代) 作「白井権八」

白井権八

本役者浮世絵は、歌舞伎の演目のひとつ「浮世柄比翼稲妻」(うきよづかひよくのいなずま)に登場する「白井権八」(しらいごんぱち)を描いています。

物語の作者は4代「鶴屋南北」(つるやなんぼく)。本図右上に記された役者名「岩井粂三郎」(いわいくめさぶろう)は、歌舞伎役者の名跡(みょうせき:代々受け継がれる個人名)で、5代まで続きました。

「浮世柄比翼稲妻」は、全部で9幕という長さの時代世話物(江戸時代の世俗を扱った演目)ですが、そのなかでも、眉目秀麗な若衆の白井権八が、多数の雲助(くもすけ:無宿の駕籠かき)相手に大立ち回りを演じ、そこへ通りかかった大親分の「幡随長兵衛」(ばんずいちょうべえ)と出会う「鈴ケ森」(すずがもり)が有名です。

本役者浮世絵では、立ち回りのまさに只中、白井権八が愛刀を大きく振り上げる一瞬を描写したと考えられます。そして、白井権八が持つ日本刀こそ、妖刀「村正」(むらまさ)であると伝えられているのです。

本役者浮世絵は、「戯場銘刀揃」(かぶきめいとうぞろい)シリーズの1作。制作者の「歌川豊国(三代)」(うたがわとよくに)は、初代「歌川豊国」の門人として修業し、江戸時代後期に活躍しました。当時、一世を風靡するほど人気を博した浮世絵師です。

白井権八

白井権八の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊国(三代) 浮世絵の題材 浮世柄比翼稲妻

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「白井権八」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川豊国(三代)」によって描かれた役者絵「白井権八」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼