役者絵

おちあいよしいく さく「さとみはっけんでん ほうりゅうかくのず」 落合芳幾 作「里見八犬伝 芳流閣之図」

里見八犬伝 芳流閣之図

本役者浮世絵は、1863年(文久3年)、芝居小屋の「江戸守田座」で上演された「南総里見八犬伝」(なんそうさとみはっけんでん)の歌舞伎作品「波乗船音宝曾我」(なみのりふねおとのよきそが)より、「芳流閣」(ほうりゅうかく)のシーンを描いた作品です。南総里見八犬伝は、「曲亭馬琴」(きょくていばきん)が著した勧善懲悪がテーマの長編伝記小説で、江戸時代を代表する戯作演芸作品と言われています。

本作では、「中村芝翫」(なかむらしかん)演じる逆賊の汚名を着せられた主人公「犬塚信乃」(いぬづかしの)と、「市川市蔵」(いちかわいちぞう)演じる犬飼源八(いぬかいげんぱち)による芳流閣の屋根上の大立ち回りを、表情豊かに。また躍動感たっぷりと表現。

犬飼源八はを差していますが、取り手として十手と鎖で犬塚信乃を捕えようとします。里見八犬伝の中でも特に盛り上がる屈指の名場面であり、作者の「落合芳幾」(おちあいよしいく)以外にも、「歌川国貞」(うたがわくにさだ)などが手掛けた浮世絵作品も現存しています。

落合芳幾は、「歌川国芳」(うたがわくによし)の門下生で、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師。天才浮世絵師として名高い「月岡芳年」(つきおかよしとし)と競作した無残絵「英名二十八衆句」(えいめいにじゅうはっしゅうく)や、明治に起こった事件を新聞から拾い出し、絵画化した「錦絵新聞」なども手掛けています。

里見八犬伝 芳流閣之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 落合芳幾 浮世絵の題材 芳流閣
(南総里見八犬伝)

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「里見八犬伝 芳流閣之図」ページです。
こちらでは、浮世絵師「落合芳幾」によって描かれた役者絵「里見八犬伝 芳流閣之図」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼