役者絵

ようしゅうちかのぶ さく「たけのいっせつじらいやふじはしのば」 楊洲周延 作「竹の一節 児雷也 藤橋乃場」

竹の一節 児雷也  藤橋乃場

本役者浮世絵において、向かって右側でに手を掛けているのは、江戸時代後期に出版された合巻(ごうかん:絵入り娯楽本の一種)の「児雷也豪傑譚」(じらいやごうけつものがたり)に登場する架空の忍者「児雷也/自来也」(じらいや)です。明治時代以降、浮世絵のみならず、浄瑠璃や歌舞伎などの演目において、題材として多く取り上げられています。

本役者浮世絵で描かれているのは、同物語の中で最も有名な「藤橋乃場」と称される一場面。 中央で狼の頭を被り、を手にしている「高砂由美之助」(たかさごゆみのすけ)と、左側で火縄銃を持つ山賊「夜叉五郎」(やしゃごろう)に藤橋の上で出会った児雷也が、今にも戦おうとする「三すくみ」の様子が描かれています。狂言や歌舞伎で演じられる場合には、「藤橋のだんまり」とも呼ばれ、いちばんの見どころとなる名場面です。

作者である「楊州周延」(ようしゅうちかのぶ)は、約45年にも亘る長い作画期を持っており、明治時代に活躍した浮世絵師の中でも、特に多くの作品を残したことで知られています。「歌川国芳」(うたがわくによし)や「歌川豊国(三代)」(うたがわとよくに)、「豊原国周」(とよはらくにちか)といった歌川派の名だたる浮世絵師達に師事していました。

竹の一節 児雷也 藤橋乃場の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 楊洲周延 浮世絵の題材 藤橋乃場
(児雷也豪傑譚)

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「竹の一節 児雷也 藤橋乃場」ページです。
こちらでは、浮世絵師「楊洲周延」によって描かれた役者絵「竹の一節 児雷也 藤橋乃場」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼