役者絵

うたがわとよくに さく「やまなかしかのすけ にっきだんじょうなおのり
いづつげきざえもん ほそかわかつもと」
歌川豊国(三代) 作「山中鹿之助 仁木弾正直則
井筒外記左衛門 細川勝元」

山中鹿之助 仁木弾正直則 井筒外記左衛門 細川勝元

本役者浮世絵は、「伊達騒動」を題材とした歌舞伎の舞台を描いています。「伊達騒動」とは、江戸時代前期に伊達家が治める仙台藩(現在の宮城県仙台市)で起こったお家騒動です。

本役者浮世絵が描かれた当時、1573年(天正元年)以降の歴史的な出来事をそのまま表現することは、江戸幕府によって禁止されていました。そのため、登場人物の名前も、架空の人物名に置き換えられています。

脇差を持って今まさに斬り付けんとしている「仁木弾正」(にっきだんじょう)のモデルとなったのは仙台藩家老の「原田甲斐」(はらだかい)。演じているのは「市川海老蔵」(いちかわえびぞう)です。扇で刃を受け止めんとしている「井筒外記左衛門」(いづつげきざえもん)のモデルは「伊達安芸」(だてあき)で、「関三十郎」(せきさんじゅうろう)が演じました。

その他、「尾上松助」(おのえまつすけ)演じる「山中鹿之助」(やまなかしかのすけ)こと「山中幸盛」(やまなかゆきもり)と、「沢村長十郎」(さわむらちょうじゅうろう)演じる「細川勝元」(ほそかわかつもと)こと「板倉重昌」(いたくらしげまさ)が登場。緊迫感のある筆致で刃傷場面が表現されています。

本役者浮世絵の作者は、江戸時代末期に活躍した浮世絵師歌川豊国(三代)」(うたがわとよくに)。「役者絵」や「美人画」を得意とし、数多くの傑作を残しました。

山中鹿之助 仁木弾正直則
井筒外記左衛門 細川勝元の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊国(三代) 浮世絵の題材 伊達騒動

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「山中鹿之助 仁木弾正直則 井筒外記左衛門 細川勝元」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川豊国(三代)」によって描かれた役者絵「山中鹿之助 仁木弾正直則 井筒外記左衛門 細川勝元」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼