役者絵

うたがわとよくに さく「おおたはるなが(おだのぶなが)
ほりのらんまる(もりらんまる) たけちみつひで(あけちみつひで)」
歌川豊国(三代) 作「太田春永(織田信長)
保里の蘭丸(森蘭丸) 武智光秀(明智光秀)」

太田春永(織田信長) 保里の蘭丸(森蘭丸) 武智光秀(明智光秀)

明智光秀」は、主君「織田信長」の同盟相手である「徳川家康」の饗応役(きょうおうやく:もてなし役)を命じられますが、そのとき用意した魚が腐っていたことから、織田信長の勘気(主君の怒り)に触れてしまいます。反省の色を見せない明智光秀を見て、織田信長が家臣に明智光秀の頭を打つよう命じたものの、誰も動こうとしません。そんな中、帯刀した「森蘭丸」が進み出て、扇で明智光秀を打ち据えました。

本役者浮世絵は、この伝承をもとにした歌舞伎の舞台を題材としています。江戸幕府からは、1573年(天正元年)以降の歴史的な出来事を表現することが禁じられていたため、登場人物の名前が偽名となっているのです。

織田信長は、「太田春永」として5代「沢村宗十郎」(さらむらそうじゅうろう)が演じ、明智光秀は「武智光秀」として5代「市川海老蔵」(いちかわえびぞう)が、そして森蘭丸は「保里の蘭丸」として3代「関三十郎」(せきさんじゅうろう)が演じました。

それぞれの役者の表情まで緻密に描いた本役者絵の作者は、「歌川豊国(三代)」(うたがわとよくに)。「役者絵」や「美人画」を得意として、江戸時代末期に活躍しています。

太田春永(織田信長)
保里の蘭丸(森蘭丸)
武智光秀(明智光秀)の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊国(三代) 浮世絵の題材 時今也桔梗旗揚

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「太田春永(織田信長) 保里の蘭丸(森蘭丸) 武智光秀(明智光秀)」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川豊国(三代)」によって描かれた役者絵「太田春永(織田信長) 保里の蘭丸(森蘭丸) 武智光秀(明智光秀)」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼