役者絵

うたがわとよくに さく「たけちみつひで(あけちみつひで)
じゅうじろうみつよし(あけちみつよし) さつきあま ぐんびょうあかひら」
歌川豊国(三代) 作「武智光秀(明智光秀)
十治郎光義(明智光慶) 皐月尼 軍兵赤平」

武智光秀(明智光秀)十治郎光義(明智光慶) 皐月尼 軍兵赤平

本役者浮世絵は、歌舞伎「絵本太功記」の一場面を描いた1枚です。右に描かれている人物が「武智光秀」(明智光秀)。中心にいるのが、明智光秀の息子の「十治郎光義」(明智光慶)です。左にいる女性が明智光秀の母「皐月尼」(お牧の方)。

明智光秀が「本能寺の変」を起こしたことを知り、息子の謀反を恥じて尼になったとされています。背景には、物々しい大勢の敵。尼になった母のもとに、息子と共に現れた明智光秀。愛刀の「明智近景」(刀 銘 備州長船近景)を構え、自分の正当性を訴えているかのようです。

「武智光秀」(明智光秀)を演じているのは、「市川團十郎(7代)」。稀代の名優と言われ、「歌舞伎十八番」を制定し、市川團十郎の名前と権威を確立しました。

なお、明智光秀の名前が武智光秀となっているのは、江戸幕府による禁令のため。徳川家や天正年間の大名家を描くことは、禁止されていたのです。

本浮世絵を描いたのは「歌川豊国(三代)」。江戸時代後期の浮世絵師で、「歌川豊国(初代)」に入門し、当初は「歌川国貞」を名乗っていましたが、師の名前を襲名。「美人画」、「役者絵」を得意とし、圧倒的な人気を誇りました。

武智光秀(明智光秀)
十治郎光義(明智光慶)
皐月尼 軍兵赤平の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊国(三代) 浮世絵の題材 絵本太功記

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「武智光秀(明智光秀)十治郎光義(明智光慶) 皐月尼 軍兵赤平」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川豊国(三代)」によって描かれた役者絵「武智光秀(明智光秀)十治郎光義(明智光慶) 皐月尼 軍兵赤平」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼