役者絵

うたがわくにまさ さく「いまがわよしもと なかむらしかんほか」 歌川国政(五代) 作「今川義元 中村芝翫他」

今川義元 中村芝翫他

本役者浮世絵に描かれているのは、歌舞伎役者「中村芝翫」(なかむらしかん)扮する「今川義元」(いまがわよしもと)を中心に、「市川九蔵」(いちかわくぞう)扮する「松下加兵衛」(まつしたかへえ:松下之綱[まつしたゆきつな]とも)と、「市川団十郎/團十郎」(いちかわだんじゅうろう)扮する「木下藤吉郎」(のちの豊臣秀吉)が陣中に座している様子です。甲冑を身に着け、太刀も佩用した姿は本格的。

豊臣秀吉は、木下藤吉郎と言う名で「織田信長」に仕えたことが有名ですが、それ以前は今川義元の家臣で、遠江国(現在の静岡県西部)の頭陀寺城主であった松下加兵衛に仕官していました。豊臣秀吉は今川義元の陪々臣となり、主君・松下加兵衛から目をかけられていたとされますが、間もなく出奔。期間を空けず、織田信長のもとで奉公をはじめました。

本役者浮世絵の作者は、明治時代に活動した浮世絵師歌川国政(五代)」(うたがわくにまさ)。歌川国政(五代)は、父親である歌川国政(四代)に学び、1891年(明治24年)に襲名しました。本絵図のような役者浮世絵以外にも、日清戦争や、日露戦争を題材とした浮世絵を描いたことで知られています。

今川義元 中村芝翫他の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国政(五代) 浮世絵の題材 太閤記

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「今川義元 中村芝翫他」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川国政(五代)」によって描かれた役者絵「今川義元 中村芝翫他」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼