役者絵

もりかわちかしげ さく「すがわらでんじゅてならいかがみてらこやのば」 守川周重 作「菅原伝授習鑑寺子屋之場」

菅原伝授習鑑寺子屋之場

本役者浮世絵は、「守川周重」(もりかわちかしげ)が描いた、歌舞伎の演目「菅原伝授習鑑」(すがわらでんじゅてならいかがみ)の一幕を描いた作品です。

左から、「松王丸」(まつおうまる)の女房「千代」(ちよ)役の「岩井半四郎」(いわいはんしろう)、「竹部源蔵」(たけべげんぞう)役の「中村宗十郎」(なかむらそうじゅうろう)、「松王丸」役の「市川団十郎/團十郎」(いちかわだんじゅうろう)、「春藤玄蕃」(しゅんどうげんば)役の「市川左団次」(いちかわさだんじ)が描かれています。や扇を手にポーズを取っています。

菅原伝授習鑑は、平安時代に「菅原道真」(すがわらみちざね)と「藤原時平」(ふじわらのときひら)の対立から起きた「昌泰の変」(しょうたいのへん)を題材にした演目です。菅原道真に恩を受けた「梅王丸」(うめおうまる)、松王丸、「桜丸」(さくらまる)の三つ子の兄弟が主役の人情味溢れる物語。本役者浮世絵で描かれた「寺子屋の場」は、人気演目として現代でも上演されています。

本役者浮世絵作者の守川周重は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した浮世絵師です。「最後の役者絵師」と称されるほど、役者絵や美人画を多く手掛けました。特に「大首絵」(おおくびえ:人物の顔や上半身を大きく描いた浮世絵)が人気となり、3枚続きいっぱいにひとりの役者を描くといった構図にも挑戦しています。

菅原伝授習鑑寺子屋之場の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 守川周重 浮世絵の題材 菅原伝授習鑑

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「菅原伝授習鑑寺子屋之場」ページです。
こちらでは、浮世絵師「守川周重」によって描かれた役者絵「菅原伝授習鑑寺子屋之場」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼