役者絵

うたがわくにさだ さく「あしやどうまんおおうちかがみ」 歌川国貞(三代) 作「芦屋道満大内鑑」

芦屋道満大内鑑

本役者浮世絵は、「歌川国貞(三代)」(うたがわくにさだ)が手掛けた歌舞伎の演目「芦屋道満大内鑑」(あしやどうまんおおうちかがみ)のひと幕です。

左から、「くずのは」役の9代目「市川団十郎」(いちかわだんじゅうろう)、「与勘兵」(よかんべい)役の7代目「市川八百蔵」(いちかわやおぞう)、「安倍保名」(あべのやすな)役の「市川権十郎」(いちかわごんじゅうろう)、「童子」役の「市川ぼたん」、「葛の葉」役の9代目「市川団十郎」(いちかわだんじゅうろう)が描かれています。着物や背景、など、細部まで丁寧に描写された見どころ満載な作品です。

芦屋道満大内鑑は、陰陽師「安倍晴明」(あべのせいめい)の出生秘話を描いた物語。安倍晴明の父親・安倍保名は、恋人が自害し、ふさぎ込みますが、死んだ恋人にそっくりな恋人の妹・葛の葉に出会って立ち直ります。ある時、追われている白狐を悪人から助けると、逆に阿部保名が悪人から痛め付けられることに。白狐は、葛の葉に化けて傷付いた阿部保名を看病し、やがて2人は子供を授かります。しかしある時、本物の葛の葉が、阿部保名を訪ねて来て事態は急展開。白狐は、障子に句をしたためて姿を消してしまうのです。

本役者浮世絵の作者、歌川国貞(三代)は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した浮世絵師役者絵を得意とし、歌舞伎役者の「大首絵」(おおくびえ:人物の顔や上半身を大きく描いた浮世絵)で人気を博した他、文明開化を描いた「開化絵」を積極的に手掛けました。

 

芦屋道満大内鑑の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国貞(三代) 浮世絵の題材 芦屋道満大内鑑

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「芦屋道満大内鑑」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川国貞(三代)」によって描かれた役者絵「芦屋道満大内鑑」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼