役者絵

とよはらくにちか さく「まるはしちゅうや いちかわさだんじ」 豊原国周 作「丸橋忠弥 市川左団次」

丸橋忠弥 市川左団次

表題にある「丸橋忠弥」(まるばしちゅうや)は江戸時代前期の浪人でしたが、「由井正雪」(ゆいしょうせつ)と出会ったことで幕府転覆計画に加担することになります。しかし、一味のひとり「奥村八左衛門」の密告により計画が露見。丸橋忠弥は捕縛され、罪人として鈴ヶ森の刑場で磔(はりつけ)にされました。

この事件は、浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎などで劇化され、なかでも歌舞伎の演目「慶安太平記」(けいあんたいへいき)では、丸橋忠弥が華々しい存在として描かれています。

本役者浮世絵では、歌舞伎役者の「市川左団次」(いちかわさだんじ)演じる丸橋忠弥が、江戸城(現在の東京都千代田区)の偵察を試みた場面を表現。刀剣2振を腰に差し、ケレン味たっぷりに見得を切る姿がたいへん印象的です。

作者の「豊原国周」(とよはらくにちか)は、幕末から明治時代にかけて活躍した浮世絵師。特に「役者絵」を得意とし、「明治の写楽」と称せられるほどの才覚を発揮しました。豊原国周の作品は、美術的に評価されているばかりでなく、明治演劇史の資料としての価値も認められています。

丸橋忠弥 市川左団次の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 豊原国周 浮世絵の題材 丸橋忠弥

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「丸橋忠弥 市川左団次」ページです。
こちらでは、浮世絵師「豊原国周」によって描かれた役者絵「丸橋忠弥 市川左団次」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼