役者絵

ようしゅうちかのぶ さく「くまがいじろうなおざね いちかわだんじゅうろう」 楊洲周延 作「熊谷次郎直実 市川團十郎」

熊谷次郎直実 市川團十郎

平安時代末期の1184年(寿永3年/治承8年)に摂津国福原及び須磨(現在の兵庫県神戸市)で起こった「一ノ谷の戦い」は、「源平合戦」の重要な戦いのひとつとして、歌舞伎の題材にもなってきました。

本役者浮世絵では、戦いに敗れ沖の船へ逃れようとする「平敦盛」(たいらのあつもり)を、源氏方の「熊谷次郎直実」(くまがいじろうなおざね)が呼び止め、一騎打ちとなる場面が描かれています。ここでは互いに刀は抜かず、組み合いとなったのです。 熊谷次郎直実を演じるのは「市川團十郎」(いちかわだんじゅうろう)。平敦盛は「尾上菊五郎」(おのえきくごろう)が演じ、そこへ「尾上栄之助」(おのええいのすけ)が演じる平敦盛の妻「玉織姫」(たまおりひめ)が駆け寄ってきます。玉織姫は祝言を挙げたばかりの夫と離れがたく、出陣する平敦盛に無理を言って付いてきていたのです。

作者の「楊洲周延」(ようしゅうちかのぶ)は、緊迫感あふれる舞台を鮮やかな色を配して見事に描写。江戸時代末期から明治時代にかけて、45年にわたり活躍した楊洲周延の確かな力量が窺える作品です。

熊谷次郎直実 市川團十郎の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 楊洲周延 浮世絵の題材 一ノ谷の戦い

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「熊谷次郎直実 市川團十郎」ページです。
こちらでは、浮世絵師「楊洲周延」によって描かれた役者絵「熊谷次郎直実 市川團十郎」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼