役者絵

うたがわちかしげ さく「せつげつかのうちつき」 歌川周重 作「雪月花乃内月」  - 刀剣ワールド

雪月花乃内月

本役者絵は、「中村芝翫」(なかむらしかん)演じる「武蔵坊弁慶」(むさしぼうべんけい)と、「尾上菊五郎」(おのえきくごろう)演じる「牛若丸」(うしわかまる:のちの「源義経」)が五条大橋で出会ったという伝説を題材にした作品です。

舞台となった五条大橋は、現在の京都府京都市にあります。画面右の人物が武蔵坊弁慶。太刀を佩き、薙刀を持って牛若丸に斬りかかりますが、軽やかに躱(かわ)されてしまいます。返り討ちに遭った武蔵坊弁慶は、その後牛若丸の家来になったと伝えられています。

タイトルの「雪月花」(せつげつか)は、自然の美しいものを指す言葉で、冬の雪・秋の月・春の桜のこと。浮世絵の画題や、茶道における茶式(茶の点て方や作法)の名前にも取り入れられています。

作者の「歌川周重」(うたがわちかしげ)は明治時代浮世絵師。本名は守川音次郎で、別号に「喜蝶斎」(きちょうさい)などがあります。「豊原国周」(とよはらくにちか)の門人で、役者絵を多く手がけました。

■コラム 浮世絵に描かれた刀剣
武蔵坊弁慶所持の刀剣は、「三条宗近」作の薙刀「岩融」(いわとおし)であるという伝説があります。これは、刃だけで 3尺5寸(約106㎝)あった大薙刀ですが、本作に描かれている薙刀は一般的な長さ(約60~90㎝)です。

雪月花乃内月の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川周重 浮世絵の題材 五条大橋
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「雪月花乃内月」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川周重」によって描かれた役者絵「雪月花乃内月」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼