役者絵

うたがわくにさだ さく「そがものがたりずえ」 歌川国貞 作「曾我物語圖會」

曾我物語圖會

本役者浮世絵は、歌舞伎を題材にした「芝居浮世絵」で、「曾我物語」の一場面を描いた作品です。左から「市川海老蔵」(いちかわえびぞう)、「市川九蔵」(いちかわくぞう)、「尾上菊五郎」(おのうえきくごろう)と、1枚にひとりずつ歌舞伎界のスターを描き、3枚並べても楽しめる豪華な「三枚続」で仕上げられています。中央で大小2本のを差しているのが仇役、両端の1本ずつ刀を差しているのが主役の兄弟です。

曾我物語は、鎌倉時代後期から室町時代初期にかけて成立したとされる英雄伝記物語。「曾我十郎・五郎」(そがのじゅうろう・ごろう)兄弟の父「河津三郎祐泰」(かわづのさぶろうすけやす)が、「工藤祐経」(くどうすけつね)によって殺されたことにより、18年に亘る苦労の末、父の仇討ちをする物語です。江戸時代に歌舞伎化されると「曾我もの」として定着し、現在も上演されるほどの人気演目となりました。

作者の「五渡亭国貞」(ごとていくにさだ)とは、「歌川国貞」(うたがわくにさだ)の画号のひとつです。歌川国貞は、「三代豊国」(さんだいとよくに)の名でも知られています。役者絵と美人画を得意とし、22歳のデビューから79歳で亡くなるまで、10,000点を超える作品を遺しました。確かな観察眼と洗練されたデザインセンスが特徴で、本浮世絵も歌川国貞らしさが発揮された1枚と言えます。

曾我物語圖會の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国貞 浮世絵の題材 曾我もの

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「曾我物語圖會」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川国貞」によって描かれた役者絵「曾我物語圖會」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼