役者絵

うたがわくにさだ さく「しんうすゆきものがたり」 歌川国貞 作「新薄雪物語」

新薄雪物語

本役者浮世絵は、江戸時代初期に刊行された時代狂言「新薄雪物語」の一場面を描いた絵図です。「新薄雪物語」とは、仮名草子「薄雪物語」に「正宗」(まさむね)や「来国俊」などの名工の物語を加えた狂言のこと。

3枚ひと揃いの絵で、描かれている人物は右から順に来国俊を演じる「澤村訥升」(さわむらとっしょう)、正宗を演じる「市川団蔵」、正宗の息子「団九郎」を演じる「市川海老蔵」。本絵図で描かれているのは、物語の演目「正宗内」(まさむねうち)で悪事を働いた団九郎を正宗が咎める場面。なお、実際の歌舞伎では、正宗が団九郎の腕を鍛えたばかりの刀剣で斬り落とすという方法で団九郎の悪事を咎めており、正宗内における見所のひとつとなっています。

本役者浮世絵の作者は、江戸時代に活動した浮世絵師歌川国貞」。歌川国貞は、手掛けた作品数が浮世絵師のなかで最も多い人物として知られています。号のひとつである「五渡亭」(ごとてい)は、御家人で狂歌師の「大田南畝」(おおたなんぽ)が付けたと言われており、歌川国貞は他の号を称するようになっても五渡亭の号を好んで使用しました。

新薄雪物語の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国貞 浮世絵の題材 新薄雪物語

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「新薄雪物語」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川国貞」によって描かれた役者絵「新薄雪物語」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼