役者絵

とうしゅうさいしゃらく さく「さんだいめおおたにおにじのかわしまじぶごろう」 東洲斎写楽 作「三代目大谷鬼次の川島治部五郎」

三代目大谷鬼次の川島治部五郎

本役者浮世絵は、歌舞伎の演目「二本松陸奥生長」(にほんまつむつそだち)に登場する敵役、「川島治部五郎」を描いた作品。

画題の「三代目大谷鬼次」とは、歌舞伎役者の名跡(みょうせき:代々継承される個人名)のことです。背景に使用された鼠色は暗夜を示しており、襦袢(じゅばん:和装用の下着)や腰に差したの紅色で、陰惨な敵役を表現。また、男の赤い目の隈と、青い髭あと、そして睨んだ横顔が、不気味な雰囲気を醸し出しています。

本役者浮世絵の作者は、「東洲斎写楽」(とうしゅうさいしゃらく)と言い、江戸時代中期の浮世絵師です。たった10ヵ月間の短い期間に彗星の如く現われ、役者絵などを発表したあと忽然と画業の世界から消えた謎の絵師でもあります。出自や経歴も謎に包まれていることで、現代まで多くの学者の研究対象になり、様々な俗説が生まれました。

現在では、阿波国(現在の徳島県)の徳島藩・蜂須賀家お抱えの能役者「斎藤十郎兵衛」(さいとうじゅうろべえ)説が有力視されています。

三代目大谷鬼次の川島治部五郎

三代目大谷鬼次の
川島治部五郎の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 東洲斎写楽 浮世絵の題材 二本松陸奥生長

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「三代目大谷鬼次の川島治部五郎」ページです。
こちらでは、浮世絵師「東洲斎写楽」によって描かれた役者絵「三代目大谷鬼次の川島治部五郎」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼