役者絵

うたがわとよくに さく「おおぼしゆらのすけふじわらよしお」 歌川豊国(三代) 作「大星由良之助藤原良雄」

大星由良之助藤原良雄

本役者浮世絵の題材は、「赤穂事件」(あこうじけん)で吉良邸に討ち入りをした赤穂義士47人の統率者「大石内蔵助」(おおいしくらのすけ)です。に手をかけ、を抜かんとしている様子にも見えます。事件後、赤穂事件を題材にした芝居では、大石内蔵助役として、題名にもなっている「大星由良之助」(おおぼしゆらのすけ)が登場します。

赤穂事件とは、1702年(元禄15年)に赤穂藩藩主「浅野長矩」(あさのながのり)が、「吉良義央」(きらよしひさ)と「江戸城」(現在の東京都千代田区)で起こした刃傷事件です。

本来、江戸城での争いは喧嘩両成敗となりますが、吉良義央にはお咎めがなく、大石内蔵助の主・浅野長矩(あさのながのり)のみ切腹となったことに端を発しています。

大石内蔵助と家臣47人は、浅野長矩の仇を取るべく吉良義央邸に討ち入りし、事件後は、主君の仇を討った忠臣として扱われるようになりました。

本役者浮世絵の作者は、「歌川豊国(三代)」です。初代「歌川豊国」の門人で、江戸時代に活躍した浮世絵師。歌川豊国(三代)は、迫力ある「役者絵」や、江戸の粋を描いた「美人画」で人気を博しました。

大星由良之助藤原良雄

大星由良之助藤原良雄の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊国(三代) 浮世絵の題材 大石内蔵助
代表的な
所蔵・伝来
個人蔵

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「大星由良之助藤原良雄」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川豊国(三代)」によって描かれた役者絵「大星由良之助藤原良雄」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼