役者絵

うたがわとよくに さく「どすいせいのひとうけにいる」 歌川豊国(三代) 作「土水性の人 有卦に入る」

土水性の人 有卦に入る

本役者浮世絵は、1858年(安政5年)の5月に、「有卦」(うけ:幸運が7年間続くという年回り)に入る、土性と水性の人々が描かれた「有卦絵」(うけえ:有卦に入る人へのお祝いとして贈られた縁起絵)というもの。

有卦絵は、仏教における「七福即生」(しちふくそくしょう:7難が滅することによって得られる7種の幸福)の思想に基づき、画中には富士山、ふぐ、福禄寿、福寿草、船、筆、瓢(ふくべ)など、「ふ」の付くモチーフが7つ描かれますが、本絵図では、描かれた人それぞれが「ふ」の付くものを手にしています。

本絵図に描かれた人は、当時の役者も含まれますが、1858年(安政5年)時点で、すでに故人である赤穂浪士のひとりや、読本作者「曲亭馬琴」(きょくていばきん)の「南総里見八犬伝」における登場人物などの架空の人物も描かれました。よく見るとを差している人物も数人描かれています。

本役者浮世絵の作者「歌川豊国(三代)」(うたがわとよくに)は、別号を初代「歌川国貞」(うたがわくにさだ)と言い、粋で艶やかな「美人画」や「役者絵」で人気を博した浮世絵師です。

なお、役者絵に関しては、「役者絵の国貞」と異名を取るほどで、多くの作品を世に送り出し、江戸時代末期の浮世絵界を牽引しました。

土水性の人 有卦に入るの浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊国(三代) 浮世絵の題材 不破数右衛門
(赤穂浪士)

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「役者絵」(歌舞伎絵)の「土水性の人 有卦に入る」ページです。
こちらでは、浮世絵師「歌川豊国(三代)」によって描かれた役者絵「土水性の人 有卦に入る」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼