皇族浮世絵

つきおかよしとし さく「だいにほんしりゃくずえ ゆうりゃくてんのう」 月岡芳年 作「大日本史略図会 雄略天皇」  - 刀剣ワールド浮世絵

大日本史略図会 雄略天皇

本皇族浮世絵は、「日本書紀」に記された「雄略天皇」(ゆうりゃくてんのう)の逸話を題材としています。

雄略天皇が猪狩りに出向いたときのこと。獲物の猪が暴れ出し、人々が逃げ惑うなか、雄略天皇の側に仕える舎人(とねり:皇族や貴族に仕え、警備や雑務に従事した者)のひとりが、恐怖のあまり木に登ってしまいました。

雄略天皇は、その舎人に向かって猪をで射て止めを刺すよう命じますが、舎人は恐れおののいたまま動けません。雄略天皇は、自ら弓を引いて猪を射止めると、脚を振り上げて猪を蹴り殺したのです。そして、命令に従わなかった舎人を斬ろうとしました。

そのとき、同行していた皇后が舎人を哀れに思い、雄略天皇に対して「陛下が狩りを好むのは結構ですが、趣味のために舎人を斬るならば、その行為は獣(けもの)と変わりないのではありませんか」と進言します。

雄略天皇は、皇后の言葉を聞き入れて舎人を許し、「楽しきかな。人は狩りで獣を得るが、朕(ちん)は狩りをして良い助言を得た」と語りました。

作者の「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、本皇族浮世絵を1879年(明治12年)に制作。人の背丈よりも大きな猪を、雄略天皇が蹴り上げ、ひっくり返している大胆な構図から、月岡芳年の類稀な才覚が窺えます。

大日本史略図会 雄略天皇の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 雄略天皇
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「大日本史略図会 雄略天皇」のページです。
こちらでは、「月岡芳年」が描いた皇室・皇族浮世絵「大日本史略図会 雄略天皇」をご紹介。「大日本史略図会 雄略天皇」にまつわる詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、心ゆくまで「大日本史略図会 雄略天皇」の世界に浸って頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼