皇族浮世絵

つきおかよしとし さく「だいにほんしりゃくずえ だいきゅうじゅうよんだい
ごだいごてんのう」
月岡芳年 作「大日本史略図会 第九十四代
後醍醐天皇」

大日本史略図会 第九十四代 後醍醐天皇

本皇族浮世絵は、歴代天皇を題材としたシリーズの1作。

「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)は、鎌倉幕府討伐を企てますが、未然に露見したため京都から脱出することとなります。このとき、側近の「藤原藤房」(ふじわらのふじふさ)に助けられ、「笠置山」(かさぎやま:京都府相楽郡笠置町)へ逃れて籠城。

しかし、鎌倉幕府軍の圧倒的な兵力には抗えず落城し、後醍醐天皇は捕らえられてしまいました。これが「元弘の乱」(げんこうのらん:または「元弘の変」)です。

本皇族浮世絵の制作者「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、背後で燃え盛る炎や、衣をはためかせ笠を飛ばすほどの風を描写し、後醍醐天皇の逃亡劇に一種異様な緊迫感を与えています。

大日本史略図会 第九十四代 後醍醐天皇の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 後醍醐天皇
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「大日本史略図会 第九十四代 後醍醐天皇」のページです。
こちらでは、「月岡芳年」が描いた皇室・皇族浮世絵「大日本史略図会 第九十四代 後醍醐天皇」をご紹介。「大日本史略図会 第九十四代 後醍醐天皇」にまつわる詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、心ゆくまで「大日本史略図会 第九十四代 後醍醐天皇」の世界に浸って頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼