コンテンツトップに戻る

本武将浮世絵の主題「瓢軍談五十四場」(ひょうぐんだんごじゅうよば)とは、「千成瓢箪」(せんなりびょうたん)を馬標とした「豊臣秀吉」(木下藤吉郎、羽柴秀吉とも)の出世物語を描いた一連の作品です。瓢軍談五十四場は、その名の通り54枚の場面で構成されており、矢作橋での「蜂須賀小六」(はちすかころく)との出会いから、小田原征伐における小田原城の落城までが描かれました。
本絵図には、豊臣秀吉の他に「織田信長」や「明智光秀」など、豊臣秀吉と深くかかわった戦国武将達の姿も登場します。豊臣秀吉の馬標となった千成瓢箪は、1567年(永禄10年)、「斎藤道三」(さいとうどうさん)の居城である「稲葉山城」を織田軍が落城させた際、その手柄から、織田信長が豊臣秀吉に瓢箪を馬標として使用する許可を与えたもの。本浮世絵では、11番の「此下宗吉郎稲葉山の搦手を襲ふ」と、12番の「ひゃうたんの相図に寄手水門より、討入稲葉山落城」に描かれています。それ以降、豊臣秀吉は馬標に瓢箪を使い、合戦で勝利を得るたびに瓢箪の数を増やしていったのです。なお、「此下宗吉郎」は、豊臣秀吉のことを指しています。
本一連の絵図は、作者「歌川芳艶」(うたがわよしつや)の晩年である1864年(元治元年)に描かれた作品です。歌川芳艶は江戸時代末期に活躍した浮世絵師で、「武者絵の国芳」と名高い「歌川国芳」(うたがわくによし)の門人。師と同じく武者絵を得意としており、多くの武者絵を送り出したと言われています。

歌川芳艶 「瓢軍談五十四場」

  • 第壱 梶塚与六矢矧の橋にて猿之助に見ゆ
    第壱
    梶塚与六矢矧の橋にて猿之助に見ゆ
    第壱 梶塚与六矢矧の橋にて猿之助に見ゆ
  • 第二 猿之助初陣に伊藤日向守を討つ
    第二
    猿之助初陣に伊藤日向守を討つ
    第二 猿之助初陣に伊藤日向守を討つ
  • 第三 猿之助尾田家へ仕官を好む
    第三
    猿之助尾田家へ仕官を好む
    第三 猿之助尾田家へ仕官を好む
  • 第四 此下宗吉割普請破損をおさむ
    第四
    此下宗吉割普請破損をおさむ
    第四 此下宗吉割普請破損をおさむ
  • 第五 此下宗吉郎岩倉を焼討にす
    第五
    此下宗吉郎岩倉を焼討にす
    第五 此下宗吉郎岩倉を焼討にす
  • 第六 梅島此下試鎗の長短
    第六
    梅島此下試鎗の長短
    第六 梅島此下試鎗の長短
  • 第七 桶狭間合戦に稲川氏元討死
    第七
    桶狭間合戦に稲川氏元討死
    第七 桶狭間合戦に稲川氏元討死
  • 第八 此下宗吉郎莚にて五色の旗を造り奇計を行ふ
    第八
    此下宗吉郎莚にて五色の旗を造り奇計を行ふ
    第八 此下宗吉郎莚にて五色の旗を造り奇計を行ふ
  • 第九 此下宗吉郎再び須股の砦を築く
    第九
    此下宗吉郎再び須股の砦を築く
    第九 此下宗吉郎再び須股の砦を築く
  • 第十 宗吉郎智弁をもつて滝中を須またの閑居にうつす
    第十
    宗吉郎智弁をもつて滝中を須またの閑居にうつす
    第十 宗吉郎智弁をもつて滝中を須またの閑居にうつす
  • 第十一 此下宗吉郎稲葉山の搦手を襲ふ
    第十一
    此下宗吉郎稲葉山の搦手を襲ふ
    第十一 此下宗吉郎稲葉山の搦手を襲ふ
  • 第十二 ひゃうたんの相図に寄手水門より討入稲葉山落城
    第十二
    ひゃうたんの相図に寄手水門より討入稲葉山落城
    第十二 ひゃうたんの相図に寄手水門より討入稲葉山落城
  • 第十三 千葉田員家宗貞が為に水の手を断るゝ
    第十三
    千葉田員家宗貞が為に水の手を断るゝ
    第十三 千葉田員家宗貞が為に水の手を断るゝ
  • 第十四 員家水瓶を破て諸士をはげます
    第十四
    員家水瓶を破て諸士をはげます
    第十四 員家水瓶を破て諸士をはげます
  • 第十五 仙住坊木陰にしのび春長を討んとす
    第十五
    仙住坊木陰にしのび春長を討んとす
    第十五 仙住坊木陰にしのび春長を討んとす
  • 第十六 佐々井京蔵行年十五歳乱軍の中に討死
    第十六
    佐々井京蔵行年十五歳乱軍の中に討死
    第十六 佐々井京蔵行年十五歳乱軍の中に討死
  • 第十七 安藤喜右衛門敵陣へ紛こミ春長を害せんとす
    第十七
    安藤喜右衛門敵陣へ紛こミ春長を害せんとす
    第十七 安藤喜右衛門敵陣へ紛こミ春長を害せんとす
  • 第十八 延受藤助主君数家の馬印を取返す
    第十八
    延受藤助主君数家の馬印を取返す
    第十八 延受藤助主君数家の馬印を取返す
  • 第十九 志奥近内今成を水中へ引入討とる
    第十九
    志奥近内今成を水中へ引入討とる
    第十九 志奥近内今成を水中へ引入討とる
  • 第二十 久吉播州へ出張を春長見送り給ふ
    第二十
    久吉播州へ出張を春長見送り給ふ
    第二十 久吉播州へ出張を春長見送り給ふ
  • 第二十一 天目山に武田伊賀四郎勝家主従討死す
    第二十一
    天目山に武田伊賀四郎勝家主従討死す
    第二十一 天目山に武田伊賀四郎勝家主従討死す
  • 第二十二 春長公蘇鉄の怪異を怒りたまふ
    第二十二
    春長公蘇鉄の怪異を怒りたまふ
    第二十二 春長公蘇鉄の怪異を怒りたまふ
  • 第二十三 香辺川を絶て赤松を水にしたす
    第二十三
    香辺川を絶て赤松を水にしたす
    第二十三 香辺川を絶て赤松を水にしたす
  • 第二十四 赤松水責防戦難儀におよふ
    第二十四
    赤松水責防戦難儀におよふ
    第二十四 赤松水責防戦難儀におよふ
  • 第二十五 四方伝政兵衛本能寺の塀重門を打砕く
    第二十五
    四方伝政兵衛本能寺の塀重門を打砕く
    第二十五 四方伝政兵衛本能寺の塀重門を打砕く
  • 第二十六 本能寺の戦にお直の局美勇をあらハす
    第二十六
    本能寺の戦にお直の局美勇をあらハす
    第二十六 本能寺の戦にお直の局美勇をあらハす
  • 第二十七 武智右馬之助石弩火鉄にて敵城を打崩す
    第二十七
    武智右馬之助石弩火鉄にて敵城を打崩す
    第二十七 武智右馬之助石弩火鉄にて敵城を打崩す
  • 第二十八 武智右馬之助浮橋を造り勢田をわたす
    第二十八
    武智右馬之助浮橋を造り勢田をわたす
    第二十八 武智右馬之助浮橋を造り勢田をわたす
  • 第二十九 久吉京都の密使を捕ゆる
    第二十九
    久吉京都の密使を捕ゆる
    第二十九 久吉京都の密使を捕ゆる
  • 第三十 四方伝左二馬頭久吉を追ふて勇力を顕す
    第三十
    四方伝左二馬頭久吉を追ふて勇力を顕す
    第三十 四方伝左二馬頭久吉を追ふて勇力を顕す
  • 第三十一 佐藤正清四方伝左二馬頭を討
    第三十一
    佐藤正清四方伝左二馬頭を討
    第三十一 佐藤正清四方伝左二馬頭を討
  • 第三十二 百性太之助久吉の陣中へ瓜を献る
    第三十二
    百性太之助久吉の陣中へ瓜を献る
    第三十二 百性太之助久吉の陣中へ瓜を献る
  • 第三十三 久吉道秀天王山をあらそふ
    第三十三
    久吉道秀天王山をあらそふ
    第三十三 久吉道秀天王山をあらそふ
  • 第三十四 旧臣等道秀の討死を諌る
    第三十四
    旧臣等道秀の討死を諌る
    第三十四 旧臣等道秀の討死を諌る
  • 第三十五 中沼忠兵衛闇夜に道秀を突く
    第三十五
    中沼忠兵衛闇夜に道秀を突く
    第三十五 中沼忠兵衛闇夜に道秀を突く
  • 第三十六 武智十左衛門偽て死人と成り久吉に近付く
    第三十六
    武智十左衛門偽て死人と成り久吉に近付く
    第三十六 武智十左衛門偽て死人と成り久吉に近付く
  • 第三十七 右馬之助家臣早瀬判四郎討死
    第三十七
    右馬之助家臣早瀬判四郎討死
    第三十七 右馬之助家臣早瀬判四郎討死
  • 第三十八 右馬之助馬をもつて湖水を渡す
    第三十八
    右馬之助馬をもつて湖水を渡す
    第三十八 右馬之助馬をもつて湖水を渡す
  • 第三十九 折尾宇助内藤由良のすけを生どる
    第三十九
    折尾宇助内藤由良のすけを生どる
    第三十九 折尾宇助内藤由良のすけを生どる
  • 第四十 大徳寺の焼香諸士の順列をたゞす
    第四十
    大徳寺の焼香諸士の順列をたゞす
    第四十 大徳寺の焼香諸士の順列をたゞす
  • 第四十一 英雄勇名を賎ケ嶽にとゞむ
    第四十一
    英雄勇名を賎ケ嶽にとゞむ
    第四十一 英雄勇名を賎ケ嶽にとゞむ
  • 第四十二 生笹の指物北兵を恐れしむる
    第四十二
    生笹の指物北兵を恐れしむる
    第四十二 生笹の指物北兵を恐れしむる
  • 第四十三 賎ケ嶽七本鎗の内佐藤富久知間高名
    第四十三
    賎ケ嶽七本鎗の内佐藤富久知間高名
    第四十三 賎ケ嶽七本鎗の内佐藤富久知間高名
  • 第四十四 賎ケ嶽七本鎗之内吉良野賀津谷高名
    第四十四
    賎ケ嶽七本鎗之内吉良野賀津谷高名
    第四十四 賎ケ嶽七本鎗之内吉良野賀津谷高名
  • 第四十五 賎ケ嶽七本鎗之内和毛坂新内高名
    第四十五
    賎ケ嶽七本鎗之内和毛坂新内高名
    第四十五 賎ケ嶽七本鎗之内和毛坂新内高名
  • 第四十六 賎ケ嶽七本鎗之内捨作万一郎高名
    第四十六
    賎ケ嶽七本鎗之内捨作万一郎高名
    第四十六 賎ケ嶽七本鎗之内捨作万一郎高名
  • 第四十七 正盛一騎久吉を襲ふ
    第四十七
    正盛一騎久吉を襲ふ
    第四十七 正盛一騎久吉を襲ふ
  • 第四十八 久吉の伏兵宅間玄蕃頭を生捕
    第四十八
    久吉の伏兵宅間玄蕃頭を生捕
    第四十八 久吉の伏兵宅間玄蕃頭を生捕
  • 第四十九 久長久次和気の城を責る
    第四十九
    久長久次和気の城を責る
    第四十九 久長久次和気の城を責る
  • 第五十 左砂正成峯越しの図
    第五十
    左砂正成峯越しの図
    第五十 左砂正成峯越しの図
  • 第五十一 志木林仙難所にて伊木田を打殺す
    第五十一
    志木林仙難所にて伊木田を打殺す
    第五十一 志木林仙難所にて伊木田を打殺す
  • 第五十二 他伝政峯降参してはからず久吉の陣営を見聞す
    第五十二
    他伝政峯降参してはからず久吉の陣営を見聞す
    第五十二 他伝政峯降参してはからず久吉の陣営を見聞す
  • 第五十三 保条直氏佐枝時家に着て降参を乞
    第五十三
    保条直氏佐枝時家に着て降参を乞
    第五十三 保条直氏佐枝時家に着て降参を乞
  • 第五十四 久吉公目出度小田原を凱陣し給ふ
    第五十四
    久吉公目出度小田原を凱陣し給ふ
    第五十四 久吉公目出度小田原を凱陣し給ふ
  • spacer
  • spacer

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「瓢軍談五十四場 浮世絵」のページです。
多くの武者絵を世に出した歌川芳艶は歌川国芳の門人。その歌川芳艶が描いた「瓢軍談五十四場 浮世絵」(ひょうぐんだんごじゅうよばうきよえ)は、豊臣秀吉(木下藤吉郎、羽柴秀吉とも)の一代記を54枚の絵図で表現した浮世絵太閤記です。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼