明治天皇浮世絵

ようしゅうちかのぶ さく「やまとにしきはるのことぶき」 楊洲周延 作「倭錦春乃寿」

倭錦春乃寿

明治天皇浮世絵は、「明治天皇」がのぞまれた「春乃寿」(はるのことぶき)、つまり「春季皇霊祭」(しゅんきこうれいさい)の様子を描いています。

春季皇霊祭とは、宮中の皇霊殿で行われる皇室祭祀のひとつ。天皇が歴代天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式のことです。3月に行われ、第二次世界大戦前は国の祭日でしたが、戦後からは「春分の日」として国民の祝日となっています。

「高御座」(たかみくら)に座しておられるのは、赤と黒の立派な大礼服(たいれいふく:洋服の礼装)を着用した明治天皇で、右におられるのは、美しい御五衣(おんいつつぎぬ:皇族女性の正装で十二単)を身に纏った「昭憲皇太后」(しょうけんこうたいごう)です。

明治天皇の前には、長柄(ながえ:長い柄のある酒器)や三方(さんぽう:神饌を載せる台)を携えた3人の官女が並び、とても華やか。宮庭には、梅の花が咲き誇り見事です。

本明治天皇浮世絵を描いたのは、「楊州周延」(ようしゅうちかのぶ)。「歌川国芳」(うたがわくによし)、「歌川豊国(三代)」(うたがわとよくに)、「豊原国周」(とよはらくにちか)に師事し、国周の一字を取って「周延」と名乗りました。美人画、宮廷画を多く描き、高く評価されています。

倭錦春乃寿の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 楊洲周延 浮世絵の題材 春季皇霊祭

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「倭錦春乃寿」のページです。
こちらでは、「楊洲周延」が明治天皇を描いた「倭錦春乃寿」をご紹介。「倭錦春乃寿」にまつわる詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、心ゆくまで「倭錦春乃寿」の世界に浸って頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼