名所浮世絵

うたがわひろしげ さく「とうかいどうごじゅうさんつぎのうち かめやま ゆきばれ」 歌川広重(二代) 作「東海道五拾三次之内 亀山 雪晴」

東海道五拾三次之内 亀山 雪晴

浮世絵は、浮世絵師歌川広重」が制作した作品「東海道五十三次絵」のひとつ、三重県亀山市にある「亀山宿」で描いた「雪晴」(ゆきばれ)という絵図です。東海道五十三次46番目の宿場町「亀山宿」へ訪れた広重は、雪の積もった亀山宿と「亀山城」の門、そして急な傾斜を登る大名行列を描写しました。

亀山城は、1265年(文永2年)に築城され、別名「粉蝶城」(こちょうじょう/ふんちょうじょう)とも言います。築城主は、伊勢国(いせのくに:現在の三重県鈴鹿市)の豪族「関実忠」(せきさねただ)。江戸時代の亀山城は、鈴鹿峠を押さえる交通の要衝として発展しました。幕府御用達の宿泊施設としても機能しており、上洛に際して「徳川家康」や「徳川家光」など、歴代の征夷大将軍が本丸を休宿に利用。その後、明治時代に入ると、亀山城は廃城令により天守を含めた大部分を取り壊されました。

なお、現在も亀山城に残っている数少ない遺構のひとつに「多聞櫓」(たもんやぐら)があります。横に長い長屋状の建造物で、三重県下において当時のままの姿で残る貴重な遺構となっており、本丸の南東にある天守台と多聞櫓を併せて「旧亀山城多門櫓」(きゅうかめやまじょうたもんやぐら)の名称で、1953年(昭和28年)に三重県指定史跡に指定されました。

東海道五拾三次之内 亀山 雪晴の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川広重(二代) 浮世絵の題材 亀山城
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「東海道五拾三次之内 亀山 雪晴」のページです。
こちらでは、「歌川広重(二代)」が描いた名所浮世絵「東海道五拾三次之内 亀山 雪晴」をご紹介。「東海道五拾三次之内 亀山 雪晴」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「東海道五拾三次之内 亀山 雪晴」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼