名所浮世絵

うたがわひろしげ さく「とうかいどうごじゅうさんつぎのうち くわな
しちりわたしぐち」
歌川広重(二代) 作「東海道五拾三次之内 桑名
七里渡口」

東海道五拾三次之内 桑名 七里渡口

浮世絵は、浮世絵師歌川広重」が制作した作品「東海道五十三次絵」のひとつ、三重県桑名市の「桑名宿」で描いた「七里渡口」(しちりのわたしぐち)という絵図です。

東海道五十三次42番目の宿場町「桑名宿」は、揖斐川(いびがわ)の河口にあり、古くから港町として発展してきました。 「七里渡口」は、東海道五十三次のひとつ「宮宿」(みやじゅく:愛知県名古屋市熱田区にあった宿場町)から桑名宿までの海路のことです。

名称の由来は、その移動距離。東海道の中でもしばしば海難事故が起こるため、難所のひとつとも言われていました。なお、宮宿と桑名宿は、東海道屈指の渡船場として賑わった宿場町でもあります。旅籠屋(はたごや:旅人のための宿泊施設)の数は、共に東海道で1位と2位を争うほどでした。

桑名宿の町並み整理にあたった人物に、徳川四天王のひとり「本多忠勝」がいます。本多忠勝は、「関ヶ原の戦い」ののちに伊勢国桑名藩の藩主となり、桑名城を増改築し、大規模な町割りを実施。多くの戦場でほとんど傷を負わなかったと言う名将・本多忠勝は、戦上手であっただけではなく、藩政においても優れた指揮を執りました。

桑名城跡にある「九華公園」(きゅうかこうえん)には現在でも、本多忠勝の偉功を称えて建てられた本多忠勝像があり、桑名市民からは名君として慕われています。

東海道五拾三次之内 桑名 七里渡口
の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川広重(二代) 浮世絵の題材 七里渡口
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「東海道五拾三次之内 桑名 七里渡口」のページです。
こちらでは、「歌川広重(二代)」が描いた名所浮世絵「東海道五拾三次之内 桑名 七里渡口」をご紹介。「東海道五拾三次之内 桑名 七里渡口」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「東海道五拾三次之内 桑名 七里渡口」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼