名所浮世絵

つるたごろう さく「なごやじょう」 鶴田吾郎 作「名古屋城」

名古屋城

本名所(風景)浮世絵は、1936年(昭和11年)に画家「鶴田吾郎」(つるたごろう)が描いた「名古屋城」。名古屋城は、1609年(慶長14年)に「徳川家康」が天下普請(てんかぶしん:江戸幕府が全国の諸大名に対して命じた、築城などの土木事業のこと)の折に築城した日本の城です。

名古屋城の象徴と言えば、大天守の頂上にある「金の鯱」(しゃちほこ)。熊本県の「熊本城」、及び大阪府の「大阪城」と並んで「日本三大名城」に数えられる城ですが、1945年(昭和20年)の名古屋大空襲により、天守や櫓、門などの大部分を焼失しました。

本名所(風景)浮世絵は、焼失する前の名古屋城を描写した貴重な絵図であり、現在の名古屋城がほとんど変わらない姿で復元されていることを伝える史料とも言えます。

作者の「鶴田吾郎」は、東京出身の画家。中学校中退後に、洋画研究所を転々として絵画の基礎を身に付けたのち、「夏目漱石」の名作「我輩は猫である」の挿絵を描いた画家「中村不折」(なかむらふせつ)に師事して油絵を学びました。作品の傾向としては、風景画が多く見られます。その一方で、「神兵パレンバンに降下す」をはじめとした戦争記録画の制作も行っており、現代でも鶴田吾郎の戦争画を模倣した作品が発表されるなど、現代美術作家に影響を与える画家として有名です。

名古屋城

名古屋城の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 鶴田吾郎 浮世絵の題材 名古屋城
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「名古屋城」のページです。
こちらでは、「鶴田吾郎」が描いた名所浮世絵「名古屋城」をご紹介。「名古屋城」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「名古屋城」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼