名所浮世絵

かわせはすい さく「なごやじょう」 川瀬巴水 作「名古屋城」

名古屋城

本名所浮世絵は、「川瀬巴水」(かわせはすい)氏が、1932年(昭和7年)に描いた「名古屋城」(現在の愛知県名古屋市中区)です。

したがって、1945年(昭和20年)「名古屋大空襲」で天守閣が焼失する前に描かれた風景。名古屋城のシンボルである黄金の鯱(しゃちほこ)が左右にそびえる絶好のアングルで、城下のお堀には睡蓮が白い花を咲かせ葉も青々と茂るのどかで美しい1枚です。

川瀬巴水氏は、「新版画」を確立した大正・昭和期の浮世絵師。日本各地を旅行して描く風景版画が得意で、「昭和の広重」とも呼ばれました。優しくぬくもりのある叙情的な世界観が、欧米でも高く評価されています。

「名古屋城」は、1521~1528年(応永年間)に武将「今川氏豊」(いまがわうじとよ)が築城し、1535年(天文4年)に「織田信長」の父「織田信秀」が奪い「織田信長」も居城したのち廃城に。その後、1609年(慶長14年)に「徳川家康」が再び築城しました。しかし、第2次世界大戦中に起こった「名古屋大空襲」で天守閣が焼失。1959年(昭和34年)に鉄筋コンクリート建築で再建されましたが、2018年(平成30年)5月に老朽化のために閉館しました。

2022年(令和4年)12月、総費用を約500億円掛け、昔の資料をもとに木造建築で完全復元される予定。川瀬巴水が描いたような、木造建築ならではの温かみのある名古屋城の表情が楽しめるようになるかもしれません。

名古屋城

名古屋城の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 川瀬巴水 浮世絵の題材 名古屋城
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「名古屋城」のページです。
こちらでは、「川瀬巴水」が描いた名所浮世絵「名古屋城」をご紹介。「名古屋城」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「名古屋城」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼