名所浮世絵

かつしかほくさい さく「しょこくめいきょうきらん とうかいどうおかざきやはぎのはし」 葛飾北斎 作「諸国名橋奇覧 東海道岡崎矢はぎのはし」

諸国名橋奇覧 東海道岡崎矢はぎのはし

浮世絵は、「葛飾北斎」が描いた「諸国名橋奇覧」(しょこくめいきょうきらん)というシリーズ絵、全11図の中の1枚です。全国の珍しい「橋」を題材に描かれました。

「東海道岡崎矢はぎのはし」は、中央にそびえる、大きな曲線を描いた高く美しい橋が印象的。この橋は、東海道(現在の国道1号線)を通る「矢作橋」(やはぎばし:現在の愛知県岡崎市)です。橋の上には、大名行列が練り歩き、麓には立派な屋敷が立ち並ぶ城下町がそびえ、華やかな賑わいを見せている楽しい絵。実際に岡崎は、江戸幕府初代将軍「徳川家康」生誕の地で、矢作橋は重要な交通の要路として、たいへん栄えていました。矢作橋は、全長374mで、当時は日本最長と言われ、誰もが一度は訪れたいと思う憧れの場所だったのです。

今のように、テレビや情報誌がない時代、行ったことのない風景を見る術はありませんでした。しかし、葛飾北斎は見事に絵で描き、その欲求に応えたのです。1823年(文政6年)に「富士山」を題材に描いた「富獄三十六景」を発表して大人気となり、1833年(天保4年)に「諸国瀧めぐり」、「諸国名橋奇覧」を発表し、それまでなかった「風景画」という新しいジャンルを確立。絵師としての地位は不動のものとなりました。

 

諸国名橋奇覧 東海道岡崎矢はぎのはし
の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 葛飾北斎 浮世絵の題材 矢作橋
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「諸国名橋奇覧 東海道岡崎矢はぎのはし」のページです。
こちらでは、「葛飾北斎」が描いた名所浮世絵「諸国名橋奇覧 東海道岡崎矢はぎのはし」をご紹介。「諸国名橋奇覧 東海道岡崎矢はぎのはし」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「諸国名橋奇覧 東海道岡崎矢はぎのはし」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼