名所浮世絵

すずきはるのぶ さく「ちどりのたまがわ」 鈴木春信 作「千鳥の玉川」

千鳥の玉川

本名所浮世絵は、陸奥国(むつのくに:現在の宮城県)の名所である千鳥の玉川(ちどりのたまがわ)が描かれています。

千鳥の玉川は、その名の通り千鳥の名所であり、宮城県多賀城市(たがじょうし)を流れる野田の玉川のこと。六玉川(むたまがわ)とも呼ばれ、古歌に詠まれた6つの玉川のひとつであり、浮世絵の好画題となっています。

本名所浮世絵では、千鳥が飛ぶ川べりを歩く女性と子供の姿が描かれました。画面左上には、能因法師(のういんほっし:平安時代の歌人)の和歌「夕されば 潮風こして みちのくの 野田のたま川 千鳥鳴なり」が書かれています。この歌は「古今和歌集」(こきんわかしゅう)に収載されており、千鳥の玉川という名称の由来になりました。

作者の「鈴木春信」(すずきはるのぶ)は、江戸時代中期に活躍した浮世絵師。彫師や摺師の協力を得ながら木版摺りの技術を飛躍的に向上させ、多色摺りの錦絵(にしきえ)を創始しました。活動期間は約10年と短いですが、優美で可憐な美人画に優れ、のちの浮世絵師にも大きな影響を与えています。また、春信様式とよばれる和歌や物語から発想を得て描いた見立絵も数多く手がけました。

千鳥の玉川

千鳥の玉川の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 鈴木春信 浮世絵の題材 千鳥の玉川
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「千鳥の玉川」のページです。
こちらでは、「鈴木春信」が描いた名所浮世絵「千鳥の玉川」をご紹介。「千鳥の玉川」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「千鳥の玉川」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼