名所浮世絵

よしだひろし さく「ひめじじょう ゆう」 吉田博 作「姫路城 夕」  - 刀剣ワールド

姫路城 夕

本名所浮世絵には、夕暮れの「姫路城」(ひめじじょう:現在の兵庫県姫路市)が描かれています。

姫路城は、「池田輝政」(いけだてるまさ)や「本多忠政」(ほんだただまさ)らが城主となって城を治め、1869年(明治2年)に国有となりました。その後国宝に指定され、さらに「法隆寺」(奈良県生駒郡)とともに日本初の世界文化遺産となったのです。シラサギが羽を広げたような姿に見えることから「白鷺城」の愛称で親しまれており、白い城壁や7階建ての大天守などが特徴です。

本名所浮世絵は、温かみのある空に姫路城の大天守がよく映えています。画面手前に生い茂る木々の色合いは暗く、空の明るさとの対比が美しい作品です。

作者の「吉田博」(よしだひろし)は、明治時代から昭和時代にかけて活躍した洋画家・版画家。風景画の第一人者として知られています。初めは洋画を手掛けますが、のちに木版画の制作も行うようになりました。海外での展覧会も開催し、数々の賞を受けています。

姫路城 夕

姫路城 夕の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 吉田博 浮世絵の題材 姫路城
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「姫路城 夕」のページです。
こちらでは、「吉田博」が描いた名所浮世絵「姫路城 夕」をご紹介。「姫路城 夕」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「姫路城 夕」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼