名所浮世絵

うたがわさだひで さく「さんごくだいいちやまのず(おもてふじ)」 歌川貞秀 作「三國㐧一山之圖(表富士)」

三國㐧一山之圖(表富士)

本名所浮世絵は、富士山を南麓側(静岡県側)から見た表富士を描いたもので、左奥には身延山が、右側には富士山の測火山である宝永山が描かれています。

本絵図の全体には、どこにどのような場所があるのか細かに書き入れられ、また、右上には富士登山をする人々の服装なども描かれた一種の観光案内図として機能。本絵図のように富士山が描かれたものは、富士信仰や富士講(ふじこう:富士山を信仰する人々によって組織された講社)と共に、庶民に求められる図柄でもありました。

本名所浮世絵の作者「玉蘭齋貞秀」(ぎょくらんさいさだひで)は「歌川貞秀」(うたがわさだひで)としても知られ、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した人気浮世絵師のひとり。本絵図のような名所浮世絵を多く残しましたが、美人画や役者絵も描き、特に「横浜絵」に関しては第一人者とも言われるほど、佳作を多く残したことで有名です。

三國㐧一山之圖(表富士)の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川貞秀 浮世絵の題材 富士山(表富士)
代表的な
所蔵・伝来
個人蔵

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「三國㐧一山之圖(表富士)」のページです。
こちらでは、「歌川貞秀」が描いた名所浮世絵「三國㐧一山之圖(表富士)」をご紹介。「三國㐧一山之圖(表富士)」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「三國㐧一山之圖(表富士)」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼