名所浮世絵

うたがわさだます さく「なにわてんぽうざんふうけい」 歌川貞升 作「浪花天保山風景」

浪花天保山風景

現在の大阪府大阪市にある「天保山」とその周辺の賑わいを描いた本名所浮世絵は、1833年(天保4年)頃に描かれた4枚組の錦絵です。

本絵図に描かれた天保山は、1831年(天保2年)から開始された安治川(現在の旧淀川)の浚渫工事(しゅんせつこうじ:川底の土砂を浚って取り去る土木工事)において余った土砂で築かれた人工の山。高さ18mほどある天保山は、大阪港の目印になっていたことから目印山と呼ばれていましたが、のちに築かれた元号から「天保山」と呼ばれるようになったのです。

この浚渫工事は「御救大浚」(おすくいおおざらえ)と呼ばれ、全大阪市民の協力を得て行われました。市民が揃いの衣装を着て土砂運びをするなど、工事自体がお祭り騒ぎのようだったと伝えられています。天保山の周囲には松や桜を植えるなど、憩いの場としても賑わいを見せ、大阪市民の天保山に対する愛着は非常に大きなものがありました。現在、天保山公園(大阪府大阪市)入口左右には、本絵図を下絵としたタイルが展示されています。

作者の「歌川貞升」(うたがわさだます)は、江戸時代に大阪で活動した浮世絵師で、初代「歌川国貞」(うたがわくにさだ)の弟子。大阪船場の財産家の家に生まれ、大阪に歌川派風の「役者絵」や「風景画」、「肉筆画」を広めるなどの功績を残した他、晩年は京都の日本画一派「四条派」の門下に入り、写生画風の花鳥人物画等を描きました。

浪花天保山風景の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川貞升 浮世絵の題材 天保山
代表的な
所蔵・伝来
個人蔵

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「浪花天保山風景」のページです。
こちらでは、「歌川貞升」が描いた名所(風景)浮世絵「浪花天保山風景」をご紹介。「浪花天保山風景」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「浪花天保山風景」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼