甲冑浮世絵

うたがわよしつや さく「かわなかじまだいがっせんくみうちづくし おやまだひょうぶじょう なかおびっちゅうのかみ」 歌川芳艶 作「川中島大合戦組討尽 小山田兵部尉 長尾備中守」

川中島大合戦組討尽 小山田兵部尉 長尾備中守

本武将浮世絵は、1857年(安政4年)に発表された「川中島大合戦組討尽」(全12枚)のうちの11枚目。取り組みをしているのは、武田軍「小山田兵部尉」(おやまだひょうえのじょう)と、上杉軍「長尾備中守」(ながおびっちゅうのかみ)です。

「小山田」とは、「小山田信茂」(おやまだのぶしげ)のこと。武田二十四将のひとりで、祖母は「武田信玄」の父の妹。つまり、武田信玄とは従兄弟です。はじめて武田軍と上杉軍が戦った1547年(天文16年)に、先陣を務めた人物と言われています。

一方、上杉軍の長尾備中守は、誰かは特定できません。越後守護をしていた上杉家の守護代で、古志長尾家と呼ばれた一族。代々交互に、備中守と豊前守を名乗っており、時代からすると、「栖吉城」(すよしじょう:現在の新潟県長岡市)を築城した「長尾孝景」が豊前守なので、長尾孝景の父か息子かと思われる人物です。

本武将浮世絵は、後ろを向いた武将が目立つ、両武将の顔が見えない構図。小山田信茂は、1582年(天正10年)の「織田信長」による「甲州征伐」の際に寝返って、武田信玄軍を裏切ります。しかし、「織田信忠」(信長の長男)から武田信玄への不忠を責められ、処刑されてしまうのです。

川中島大合戦組討尽 小山田兵部尉 長尾備中守

川中島大合戦組討尽 小山田兵部尉 長尾備中守の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳艶 浮世絵の題材 川中島の戦い
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「甲冑浮世絵」の「川中島大合戦組討尽 小山田兵部尉 長尾備中守」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「川中島大合戦組討尽 小山田兵部尉 長尾備中守」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像が拡大できますので、「川中島大合戦組討尽 小山田兵部尉 長尾備中守」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼