甲冑浮世絵

うたがわくによし さく「ほんちょうぶゆうかがみ みなもとのよりとも」 歌川国芳 作「本朝武優鏡 源頼朝」

本朝武優鏡 源頼朝

源頼朝」(みなもとのよりとも)は、1185年(文治元年)の「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で平氏を滅ぼし、のちに初の武家政権である鎌倉幕府を開きました。

本武将浮世絵に表されたのは、若々しい姿に豪奢な鎧をまとって悠然と構える源頼朝です。

源頼朝は、13歳の1160年(永暦元年)に伊豆国(現在の静岡県伊豆半島)へ流刑となり、以後20年に及ぶ雌伏のときを過ごしているため、本武将浮世絵は、制作者の「歌川国芳」(うたがわくによし)が、流刑以前の戦における年若い源頼朝をイメージして描いたと推察できます。

歌川国芳は、江戸時代末期に活躍した浮世絵師です。本武将浮世絵に記された画号の「一勇斎国芳」(いちゆうさいくによし)は、1818年(文政元年)~1860年(万延元年)に使用されました。

歌川国芳の大胆な発想と迫力ある筆致は、江戸の人々からの人気を博し、武者絵においても多数の傑作を生み出しています。本武将浮世絵は、武者を描いたシリーズ「本朝武優鏡」(ほんちょうぶゆうかがみ)の1枚です。

本朝武優鏡 源頼朝

本朝武優鏡 源頼朝の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 源頼朝
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「甲冑浮世絵」の「本朝武優鏡 源頼朝」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「本朝武優鏡 源頼朝」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像が拡大できますので、「本朝武優鏡 源頼朝」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼