甲冑浮世絵

うたがわくによし さく「えいゆうろっかせん やまもとかんすけにゅうどうどうきさい」 歌川国芳 作「英雄六家撰 山本勘介入道道鬼齋」

英雄六家撰 山本勘介入道道鬼齋

本武将浮世絵(武者絵)で描かれているのは、その勇猛さから「甲斐の虎」(かいのとら)と称される「武田信玄」の軍師を務めていた武士「山本勘介(勘助)」(やまもとかんすけ)。

本武将浮世絵(武者絵)では、山本勘助以外の人物は登場しておらず、テーマとなった題材の詳細は不明です。

しかし、本武者絵が制作された江戸時代には、山本勘助が武田方として参戦し、壮絶な最期を遂げた「川中島の戦い」ブームが起こっており、同合戦に関連した浮世絵が、様々な浮世絵師によって多数出版されていただけでなく、浄瑠璃や歌舞伎などの題材としても取り上げられていました。

そのため、血まみれで凄惨な姿になった山本勘助が描かれている本武将浮世絵についても、川中島の戦いを題材としていることが推測できます。

本武将浮世絵(武者絵)を手掛けた「歌川国芳」(うたがわくによし)は、「武者絵の国芳」と評された、江戸時代末期における稀代の人気浮世絵師。

本武将浮世絵(武者絵)を含む「英雄六家撰」(えいゆうろっかせん)は、歌川国芳の晩年期に制作された揃物(そろいもの:シリーズ化した浮世絵)の作品。若い頃の歌川国芳は、大胆な構図や溢れる躍動感に重きを置いた作風を得意としていましたが、本武将浮世絵(武者絵)は、山本勘助の討死寸前の痛ましい姿を描きながらも、どこか静穏な雰囲気さえも感じさせる1枚になっています。

英雄六家撰 山本勘介入道道鬼齋

英雄六家撰 山本勘介入道道鬼齋の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 山本勘助
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「甲冑浮世絵」の「英雄六家撰 山本勘介入道道鬼齋」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「英雄六家撰 山本勘介入道道鬼齋」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像が拡大できますので、「英雄六家撰 山本勘介入道道鬼齋」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼