甲冑浮世絵

うたがわくによし さく「ろくようせいくによしじまん せんしょう いながわよしもと」 歌川国芳 作「六様性国芳自慢 先勝 稲川義元」

六様性国芳自慢 先勝 稲川義元

本武将浮世絵の題名にある「稲川義元」は、駿河国、遠江国(現在の静岡県)、三河国(現在の愛知県東部)の3国を治めていた戦国武将今川義元」(いまがわよしもと)のこと。「六様性」とは暦注である「六曜星」のことで、本武将浮世絵は先勝を表わしています。

本武将浮世絵に描かれているのは、「桶狭間の戦い」で、今川義元が陣中にいる姿です。先勝は、午前中は吉、午後は凶とされる日柄。桶狭間の戦いが起こる頃、はじめは誰もが「力・経験・身分」を併せ持った今川義元の勝利を信じていましたが、最終的には兵も経験も少ない「織田信長」が勝利を収めたのです。

このとき、今川義元が佩刀していたとされる刀剣が、名物「義元左文字」。桶狭間の戦いののちに、戦利品として織田信長に渡った義元左文字には、「織田尾張守信長」、「永禄三年五月十九日 義元討刻彼所持刀」というふたつのが刻まれました。

作者の「歌川国芳」(うたがわくによし)は、江戸時代後期に活躍した浮世絵師。六曜星にかけた一連の本絵図は、晩年の作品として知られています。歌川国芳は武者絵を特に得意としており、当時大変な人気を誇りました。

六様性国芳自慢 先勝 稲川義元

六様性国芳自慢 先勝 稲川義元の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 今川義元
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「甲冑浮世絵」の「六様性国芳自慢 先勝 稲川義元」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「六様性国芳自慢 先勝 稲川義元」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像が拡大できますので、「六様性国芳自慢 先勝 稲川義元」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼