合戦浮世絵

うたがわとよのぶ さく「しんせんたいこうき きゅうしゅうせいばつ」 歌川豊宣 作「新撰太閤記 九州征伐」

新撰太閤記 九州征伐

1589年(天正17年)、豊臣軍と島津軍の戦い。島津家屈指の鬼武蔵こと「新納忠元」(にいろただもと)と、幼少より秀吉に仕えた自慢「加藤清正」との一騎打ちの場面です。

忠元は、自慢の棍棒を落としそうになりました。鬼武蔵の名にふさわしく「落とすまい」との気迫に満ち、棍棒を握る太い腕にはぐっと力が入って、力こぶができています。一方、清正の槍も絶妙のタイミング。清正自慢の槍を避けてバランスを崩したのか、バランスを崩した忠元を清正が突こうとしたのか。両者とも、もっとも力の入る、緊張の一瞬です。

このあと、落馬してしまった忠元に、清正は「落馬を幸いと敵将を討ち取るのは、加藤家末代までの恥」と立ち去りました。

新撰太閤記 九州征伐の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊宣 浮世絵の題材 加藤清正
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」。こちらのページは「武者絵(刀剣・合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)」の「新撰太閤記 九州征伐」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「新撰太閤記 九州征伐」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像は拡大できますので、「新撰太閤記 九州征伐」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼