武将浮世絵

つきおかよしとし さく「つきひゃくし しづかだけつき」 月岡芳年 作「月百姿 志津ヶ嶽月」

月百姿 志津ヶ嶽月

1582年(天正10年)に起こった「本能寺の変」より1年弱、織田信長亡きあとの権力を誰が手にするのか、大名間で緊張した関係が続いていました。

そしてとうとう1583年(天正11年)「羽柴(豊臣)秀吉」は、「柴田勝家」や「佐久間盛政」らと激突します。秀吉軍は、大垣から木ノ本までをわずか5時間で移動した「美濃大返し」をはじめ、勝家との激戦「賤ヶ岳の戦い」に勝利。この浮世絵は、その長い戦が終わり、秀吉が勝利を宣言する法螺貝を吹く場面です。

本武将浮世絵に表現されている法螺貝と月は輝かしく、音と光が空に満ちているように感じます。特に、勝利の法螺貝は、月まで届かんばかりに響き、その誇らしい音が私たちにまで聞こえるようです。あるいは、「さあ、新しい国を作ろう」という気概を表しているのかもしれません。一方で、大きな松の木にもたれかかるその姿は、戦いでの疲労で立っていられないようにも見え、勝利したことでの安堵、安らぎを得ているようにも感じられます。

月百姿 志津ヶ嶽月

「月百姿 志津ヶ嶽月」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 豊臣秀吉

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「月百姿 志津ヶ嶽月」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼