合戦浮世絵

うたがわよしかず さく「まさきよこうとらがりのず」 歌川芳員 作「正清公虎狩之図」

正清公虎狩之図

本合戦浮世絵は、1592年(文禄元年)、及び1597年(慶長2年)に、豊臣政権下で行なわれた「文禄・慶長の役」(ぶんろく・けいちょうのえき)、いわゆる「朝鮮出兵」において、秀吉子飼いの家臣「加藤清正」(かとうきよまさ)が勇猛果敢に虎を狩る様を描いた1枚。清正の虎狩りは、あくまでも伝承であり、どこまでが真実かは定かではありません。しかし、清正の伝記である「清正記」(きよまさき)にも、清正が朝鮮で、自身のを用いて仕留めた虎の皮と肉を秀吉に贈り、大変喜ばれたという史実が記されており、浮世絵のモチーフとして人気が高かったことは事実。実際に「歌川国綱」(うたがわくにつな)や、本合戦浮世絵の作者である「歌川芳員」(うたがわよしかず)の師「歌川国芳」(うたがわくによし)など多数の浮世絵師が、清正の虎狩りを題材とした作品を発表しています。

芳員は国芳同様、武者絵や合戦絵など多岐に亘るジャンルを得意としていましたが、1859年(安政6年)の横浜港(よこはまこう)開港以降は異国の風俗に強い興味を示し、「横浜絵」の先駆者のひとりとして、その多くを手がけました。

正清公虎狩之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳員 浮世絵の題材 朝鮮出兵

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「正清公虎狩之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼