武将浮世絵

うたがわよしつや さく「かわなかじまだいがっせんくみうちづくし はらはやとのすけ あかぼうずさいほういん」 歌川芳艶 作「川中島大合戦組討尽 原隼人亮 赤坊主西方院」

川中島大合戦組討尽 原隼人亮 赤坊主西方院

本武将浮世絵は、1857年(安政4年)に発表された「川中島大合戦組討尽」(全12枚)のうちの7枚目。取っ組み合いをしているのは、武田軍の「原隼人亮」(はらはやとのすけ)と「赤坊主西方院」(あかぼうずさいほういん)です。

「原」とは、「原昌胤」(はらまさたね)のこと。武田二十四将のひとりで、譜代家老衆。地理に明るく、戦を有利に行なう地理・守備の術に優れていました。第4次川中島の戦いにも、陣馬奉行として120騎を指揮したと言われています。

一方、赤坊主については、詳細が分かりません。本武将浮世絵を描いた「歌川芳艶」は、「川中島大合戦 越後方二十四性揃」でも赤坊主を描いており、歌川芳艶と同門の「歌川芳員」(うたがわよしかず)も、「上杉二四将」という浮世絵で赤坊主を人物として描いていることくらいです。

この「川中島大合戦組討尽」は史実に基づいた絵ではないことが特徴。原昌胤が「鬼神の子」と呼ばれていたことから、新潟県に伝わる妖怪「西方院赤坊主」をもじって、対抗相手として登場させたのかもしれません。

刀剣・日本刀を落とした赤坊主が、のけ反りながらも激しく掴みかかっている、迫力のある1枚です。

川中島大合戦組討尽 原隼人亮 赤坊主西方院

「川中島大合戦組討尽 原隼人亮 赤坊主西方院」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳艶 浮世絵の題材 川中島の戦い

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「川中島大合戦組討尽 原隼人亮 赤坊主西方院」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼