武将浮世絵

うたがわよしつや さく「かわなかじまだいがっせんくみうちづくし ほしなだんじょうまさただ たかまつないぜん」 歌川芳艶 作「川中島大合戦組討尽 帆品弾正昌忠 高松内膳」

川中島大合戦組討尽 帆品弾正昌忠 高松内膳

本武将浮世絵は1857年(安政4年)に発表された「川中島大合戦組討尽」(全12枚)の8枚目にあたる浮世絵。武田軍の「帆品弾正昌忠」(ほしなだんじょうまさただ)と上杉軍の「高松内膳」(たかまつないぜん)が取っ組み合いをしているところです。

「帆品」とは、「保科正俊」(ほしなまさとし)のこと。保科正俊は、武田二十四将のひとり。高遠城(たかとおじょう:現在の長野県伊那市)城主で、「弾正/弾正忠」(だんじょう/だんじょうのちゅう)という高位の官職を与えられた人物です。

「高坂昌信」、「真田幸隆」と共に「戦国三弾正」と言われ、が得意で武功を挙げたことから「槍弾正」とも呼ばれました。一方、上杉方の高松内膳は、誰を指しているのか不明です。

本武将浮世絵は、刀剣・日本刀を振りかざした保科正俊が、今にも高松内膳の首を狙って息の根を止めようとしているところ。赤くて長い紐が、うねるように2人に絡まり、迫力と躍動感のある構図となっています。全12枚の中でもいちばん華やかで、映える1枚です。

川中島大合戦組討尽 帆品弾正昌忠 高松内膳

「川中島大合戦組討尽 帆品弾正昌忠 高松内膳」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳艶 浮世絵の題材 川中島の戦い

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「川中島大合戦組討尽 帆品弾正昌忠 高松内膳」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼