合戦浮世絵

うたがわよしとら さく「ほりかわようちらんにゅうのず」 歌川芳虎 作「堀川夜討乱入之図」

堀川夜討乱入之図

本合戦浮世絵を描いた「歌川芳虎」(うたがわよしとら)は、「武者絵の国芳」として名高い「歌川国芳」(うたがわくによし)の門人。武者絵に秀で、1868年(明治元年)には番付で2位となり、人気も実力もトップクラスの浮世絵師として名を馳せました。

題名にある「堀川夜討」とは、「義経記」に書かれた有名な話。鎌倉幕府初代将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)は、弟「源義経」(みなもとのよしつね)の勝手な振る舞いに怒り、家臣「土佐坊昌俊」(とさのぼうしょうしゅん)に源義経の追討を命じます。そこで、土佐坊昌俊は「熊野参詣」のふりをして、京都六条堀川にあった源義経の館に近づき、夜討を仕掛けるのです。

本合戦浮世絵は、まさに「土佐ノ太郎」(土佐坊昌俊)率いる一軍が、源義経の館に乱入するシーン。画面の左上の「源義経」が身構える中、源義経の家臣3人が格闘し、土佐坊昌俊が率いる一軍を見事に撃退。土佐坊昌俊は、逆に源義経側に討ち取られてしまうのです。

画面中心にいるのが、「江田源三弘基」(えだげんぞうひろもと)で、いちばん初めにこの夜討を察知。右の黄色い着物が「鷲尾三郎義文」で、「一ノ谷の戦い」で武功を挙げて源義経の家臣になった猛者。左にいるのは「鈴木三郎重家」ですが、彼だけは「源平合戦」の際に討ち死にしているので、本来はこの場面にいることのない人物です。

実は、この浮世絵は純粋な「堀川夜討」ではなく、源義経の着物に「織田木瓜」という「織田信長」の家紋が描かれていることからも分かる通り、「太閤記」に出てくる「本能寺の変」になぞらえた作品。士農工商の身分が定まっていた江戸時代には、平民から征夷大将軍となった豊臣秀吉は憧れの存在で、これを恐れた徳川幕府は、豊臣秀吉の人生を綴った「太閤記」関連の書物をすべて禁止。絵師たちは「風刺画」を描くことで、これに対抗したのです。

堀川夜討乱入之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳虎 浮世絵の題材 奥州合戦

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「堀川夜討乱入之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼