合戦浮世絵

つきおかよしとし さく「みかわごふどきのうち だいじゅじごなんせんのず」 月岡芳年 作「三河後風土記之内 大樹寺御難戦之図」

三河後風土記之内 大樹寺御難戦之図

本合戦浮世絵は、「桶狭間の戦い」で「今川義元」(いまがわよしもと)が討ち死にしたあと、「大樹寺」(だいじゅじ)に避難していた「松平元康」(のちの徳川家康[とくがわいえやす])が、寺を包囲した織田軍に対して反撃に打って出た場面を描いている作品だと言われています。

当時、人質として駿府(すんぷ:現在の静岡県)で過ごしていた松平元康は、今川義元軍に従軍。「織田信長」(おだのぶなが)とは敵対関係にありました。織田の大軍勢に対して松平元康軍の手勢はわずか。そのような状況にあって、大樹寺の僧侶たちの協力を得た松平元康軍は、決死の戦いで包囲網を打ち破ったのです。その後、岡崎を奪還した松平元康は、天下人への礎を築きました。

本図右側には、白地に黒で「求浄土」と染め抜かれた流れ旗を観ることができます。これは徳川家康の座右の銘「厭離穢土、欣求浄土」(おんりえど、ごんぐじょうど)の一部。その意味は、「生きにくいこの乱世を浄土にすることこそが、進んで求められていること」です。

大樹寺の13代住職「登誉上人」(とうよしょうにん)からこの言葉を授けられた徳川家康は、この思いを胸に抱いて江戸幕府を開き、天下泰平の世の中を実現。大樹寺には、徳川家康の位牌が安置されています。

本合戦浮世絵の作者「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、幕末から明治時代にかけて活動していた浮世絵師。同時代に活躍した「落合芳幾」(おちあいよしいく)と共に、当代を代表する浮世絵師として人気を博しました。

三河後風土記之内 大樹寺御難戦之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 桶狭間の戦い

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「三河後風土記之内 大樹寺御難戦之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼