武将浮世絵

おちあいよしいく さく「たいへいきえいゆうでん ちょうそかべくないしょうゆうもとちか」 落合芳幾 作「太平記英勇伝 長曽我部宮内少輔元親」

太平記英勇伝 長曽我部宮内少輔元親

本武将浮世絵の題材となった「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)は、「四国統一」を果たした戦国武将として知られています。

元々、土佐の一部を支配する土豪にすぎなかった長宗我部元親ですが、1560年(永禄3年)、土佐を割拠していた長宗我部元親と本山氏が激突した「長浜の戦い」で初陣を果たすと、その後、敵対勢力を次々と撃破。土佐の統一を果たしました。これを足がかりとして、遂には四国を統一。戦国時代における一大勢力にのし上がったのです。

四国の覇者となった長宗我部元親でしたが、天下統一路線を突き進んでいた「織田信長」と対立します。「本能寺の変」で織田信長が横死したあとは、「豊臣秀吉」と交戦しましたが敗北。

その結果、阿波、讃岐、伊予の3国を没収され、安堵された土佐1国のみが領国となりました。豊臣秀吉に出仕したあとは、「九州征伐」や「朝鮮出兵」にも従軍しています。

本武将浮世絵の作者は、幕末から明治時代にかけて活躍した「落合芳幾」(おちあいよしいく)。共に「歌川国芳」(うたがわくによし)に師事した「月岡芳年」(つきおかよしとし)と人気を二分した、当代を代表する浮世絵師だったと言われています。

太平記英勇伝 長曽我部宮内少輔元親

「太平記英勇伝 長曽我部宮内少輔元親」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 落合芳幾 浮世絵の題材 長宗我部元親

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「太平記英勇伝 長曽我部宮内少輔元親」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼