武将浮世絵

つきおかよしとし さく「よしとしむしゃぶるい くろうほうがんみなもとのよしつね」 月岡芳年 作「芳年武者无類 九郎判官源義経」

芳年武者无類 九郎判官源義経

本武将浮世絵は、「源氏」と「平家」の最終決戦となった「壇ノ浦の戦い」における「源義経」(みなもとのよしつね)の「八艘飛び」伝説を描いた作品です。

平家の敗北が決定的となると、平家屈指の剛の者「平教経」(たいらののりつね)は、源氏の大将・源義経を冥土への道連れにすべく、一騎打ちを挑みます。それを察した源義経は、舟から舟へと飛び移り、逃げ切ってしまいました。本図上部には、迫る平教経が描かれ、右側には、平教経の追尾を交わして、軽やかに去っていく源義経の後姿が描かれています。

題名にもある「九郎判官」(くろうほうがん)は、源義経の代名詞。「源義朝」(みなもとのよしとも)の九男であることにちなんだ「九郎」で、他方「判官」は、源義経の官位にちなんだものです。壇ノ浦の戦い後、源義経は兄「源頼朝」(みなもとのよりとも)との確執などから、悲劇的な最期を迎えました。

こうした不遇な晩年を過ごした源義経への同情的な心情を表した言葉が「判官びいき」。この逸話からも、源義経が武将の中でも飛び抜けた人気者だったことをうかがい知ることができると言えます。

本武将浮世絵の作者は「月岡芳年」(つきおかよしとし)で、幕末から明治時代にかけて活動していた浮世絵師です。

芳年武者无類 九郎判官源義経

「芳年武者无類 九郎判官源義経」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 源義経

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「芳年武者无類 九郎判官源義経」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼