武将浮世絵

みずのとしかた さく「きょうどうりっしのもとい くすのきまさつら」 水野年方 作「教導立志基 楠正行」

教導立志基 楠正行

本武将浮世絵は、南北朝時代の武将「楠木正行」(くすのきまさつら)が題材となっています。楠木正行は、鎌倉幕府を倒して「建武の新政」を行なった「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)に最後まで忠誠を尽くしたことで知られている武将「楠木正成」(くすのきまさしげ)の嫡男で、父・楠木正成と同様、最後まで南朝に忠誠を尽くしました。

本武将浮世絵は、楠木正行が最期を迎えた「四条畷の戦い」(しじょうなわてのたたかい)に出陣する直前の様子を描写した作品。

背景に描かれた後醍醐天皇廟(びょう:墓)の「如意輪堂」(にょいりんどう)の壁板に彫られた(本図左上)「かえらじと かねて思えば梓弓 なき数にいる 名をぞとどむる」(生きて還るまいと心に決めました。鬼籍に入る我々の名前をここに書き留めておきます)は、楠木正行が刻んだと言われている辞世の句です。

「教導立志基」(きょうどうりっしのもとい)は、明治時代に刊行された歴史上の教訓を描いた錦絵集。本武将浮世絵は、江戸時代末期から明治時代にかけて活動した浮世絵師「水野年方」(みずのとしかた)によって描かれました。

教導立志基 楠正行

「教導立志基 楠正行」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 水野年方 浮世絵の題材 楠木正行

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「教導立志基 楠正行」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼