武将浮世絵

うたがわよしかず さく「うえすぎにじゅうよんしょう」 歌川芳員 作「上杉廿四将」

上杉廿四将

本武将浮世絵は、「越後の虎」や「越後の龍」と言った異名を持つ戦国時代の武将「上杉謙信」と、その家臣23名の集団肖像画です。本武将浮世絵上部の中心に陣取っている上杉謙信の手に竹、もしくは笹が握られているのは、「上杉笹」、あるいは「竹に二羽飛び雀」と称される上杉家の家紋に由来しています。

上杉謙信は、室町幕府が関東を統治するために設けた「鎌倉府」の長官(=「鎌倉公方」[かまくらくぼう])を補佐する「関東管領」(かんとうかんれい)を務め、内乱が多発していた越後国(えちごのくに:現在の新潟県)の統一に尽力しました。さらには、周辺の国々においても安定を図るべく、援軍の要請を受ければ何度も出兵。「織田信長」や「武田信玄」、「北条氏康」(ほうじょううじやす)と言った名だたる武将たちと刀を交えたのです。

特に甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)の武田信玄とは、北信濃(きたしなの:現在の長野県北部)の覇権を巡り、「川中島の戦い」と称される合戦を計5回に亘って繰り広げ、その期間は約12年にも及んでいます。

上杉謙信が「軍神」と崇められるほどの戦国武将であったのは、武勇に優れていたことはもちろん、その陰に優秀な家臣団の支えがあればこそ。 本武将浮世絵には、上杉謙信のあとに家督を継いだ「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)や、重臣のひとりである「柿崎景家」(かきざきかげいえ)などが描かれていますが、その中に「赤坊主西方院」(あかぼうずせいほういん)と言う名が添えられた人物がいます。「赤坊主」とは、林泉寺(りんせんじ)の釣鐘を盗んだと越後国に伝わる妖怪のこと。同寺には、上杉謙信が幼い頃に預けられていたという縁もあることから、「廿四将(二十四将)」のひとりに加えたと推測できます。

本武将浮世絵のような戦国武将の集団肖像図は、その功労を世間に広く知らせるために、近世頃より描かれるようになった形式。本武将浮世絵の他には、「徳川十六神将図」などが有名です。

また、上杉謙信の家臣団は通常、「二十五将」が評価の高い武将として取り上げられますが、本武将浮世絵ではひとり減らして「二十四将」になっています。これは、宿命のライバルと言える武田信玄の家臣団の中でも、特に有能であった武将たちが、「武田二十四将」と称されていたことに対比させて描いたと考えられるのです。

本武将浮世絵の作者である「歌川芳員」(うたがわよしかず)は、江戸時代後期を代表する人気浮世絵師「歌川国芳」(うたがわくによし)の門人。歌川芳員は、「武者絵の国芳」と称される師と同様に、本武将浮世絵のような「武者絵」を多く手がけていましたが、1859年(安政6年)に横浜港が開港されると、外国の文化や風俗に強い興味を抱くようになり、それらを画題とした「横浜絵」の第一人者のひとりとして活躍しました。

「上杉廿四将」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳員 浮世絵の題材 上杉謙信

「書画・美術品写真」では武将や偉人の掛け軸や
装飾が印象的な合戦武具などをご紹介しています。

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「上杉廿四将」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼